【皐月賞】◎ナムラマース【フローラS】展望

2007年04月15日

【皐月賞】忘れた頃の格言

皐月賞は馬連9万馬券と大荒れだったわけですが、結果だけ見てみると
ブライアンズタイムと京成杯勝ち馬という、競馬を始めた頃の自分だと真っ先に
喜んで買う組み合わせで決まっていたりします。
京成杯(旧ジュニアC)は中山2000mという皐月賞と同じ条件で行われる
こともあり、ここで好走した馬が本番で穴をあけるケースが昔はよくありました。
サニーブライアンとかオースミブライトとか。
2着馬だと最近ではシックスセンスがこれに当たります。
昔のHPにあった法則のコーナーでは「京成杯の法則」とか言っていた記憶が・・・
サンツェッペリンは京成杯を逃げ切って、仕上がり途中の
スプリングSを凡走し、皐月賞は15番人気。
京成杯が楽逃げだったので、ここは苦しいだろうとすっかり軽視してしまいましたが、
やはりあの時期での中山2000mの好走は皐月賞への適性を示すようです。
では、弥生賞勝ち馬は皐月賞でこけることが多くて、逆に京成杯好走馬が皐月賞で
来るのかを検証してみましょう。まず展開面。弥生賞はトライアルということもあり、
上がりの競馬になることが多いのですが、皐月賞は一転して持続力を求められる
展開になることが多いのです。弥生賞よりは京成杯の方がレースは格下ですが、
展開的には皐月賞に近くなることが多いのかも。
もう一つが馬場。皐月賞、京成杯ともに連続開催の2開催目なので、馬場状態が
酷似することが多いのではないかと思います。そのため、京成杯で上位に来た
馬が皐月賞好走にリンクすることがあるんではないかと。
個人的な反省として◎ナムラマースは大失敗でした。もう少し前で競馬してくれる
ことを期待していたのですが、前走も前半は置かれ気味で途中からまくりの競馬で
快勝だったわけで、中山の2000mへの適性は今ひとつだったようです。
カツハルはシャドウゲイトで金杯を勝っており、中山2000mだと気分良く乗れている
みたいですね。サクラプレジデントでも2着は確保していますし。
ヴィクトリーはもっと人気すると思ったんですが、7番人気とはおいしいところでしたね。
切れる脚はなさそうなので、ダービーはちょっと疑問ですが、ブライアンズタイムは
なめられているとダービーでも走る場合があるので人気次第でしょうか。
ダービーはあんまり荒れるレースでもないし、普通にフサイチホウオーかなぁ。


umanari_lab at 17:36│Comments(0)回顧 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ くすくす ]   2007年04月15日 19:21
素直にヴィクトリーにするべきでした。初志貫徹できない馬鹿者です(笑)<br />さて、今回も予想通り弥生賞馬が飛んでくれましたが、やはりサンデー系のキレ者にはきつい馬場なんでしょうね。弥生賞馬で皐月賞勝ったサンデーで思い出すのはディープとタキオン。この2頭の弥生賞はお世辞にも良いと言える馬場ではなかったような気がします。ここできっちり結果を出したからこそ結果を出せたのかもしれませんね。これからも開催時期が変わらない限り有効なデータとなりそうですね。<br />
2. (No Title)  [ ヒント ]   2007年04月16日 13:20
5Fから7Fにかけて12.3というラップが続きました。勝春騎手が上手く乗ったという反面、後続の騎手がここで前にプレッシャーを与えられなかったのがヴィクトリーの勝因だと思います。結局後続はスローペースの瞬発力勝負になってしまい、33.9という上がりを使ったホウオーとオーラのみがあそこまでこれたということだと思います。<br />ナムラには私もがっかりです。もっと前で勝負しないと。<br />ダービーは普通にホウオーだと思います。2馬身ぐらいちぎるのでは?<br />
3. (No Title)  [ ユタカ ]   2007年04月16日 23:19
 今回のレースを見て、ノーリーズン-タイガーカフェで決まった年の皐月賞を思い出しました。1番人気のTギムレット追い込んでくるも届かず3着。ダービーではTギムレット雪辱を果たしますが、ノーリーズン、タイガーカフェともに惨敗。別路線組が馬券になりました。<br /> ということで、今年は青葉賞組に注目してみたい。Fホウオー軸は間違いないと思います。。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【皐月賞】◎ナムラマース【フローラS】展望