【桜花賞】有力馬分析 その2【阪神牝馬S】◎アサヒライジング

2007年04月06日

【NZT】◎スズカコーズウェイ

先週の中山馬場は時計はそこそこ速いものの力のいる馬場に変わってきた。
メインのダービー卿CTも勝ち馬はダート血統のジェイドロバリーで3着にも
ミスプロの中では時計のかかる馬場の得意なマイネルラヴだった。
今週も同じ傾向が続くとみて予想を立ててみたい。
◎スズカコーズウェイ
父はストームキャット系、母父はクロフネを出したフレンチデピュティでダートも
こなせそうな血統構成で今の中山の馬場に合いそうだ。
稍重で時計のかかったジュニアCでも差のない競馬をしており、完勝した前走の
内容からもここで通用するとみたい。
○ムラマサノヨートー
前走は全くの人気薄だったが好位からの抜け出しで強い内容。
未勝利はダートを勝ち上がってきており、母系にパワータイプのヘクターを持ち
今の馬場への適性は高いとみる。
▲ヤマカツブライアン
先週の勝ち馬は母の全弟。
ダートを連勝してきたが、芝でもデビュー2戦で連続2着しており十分こなせそう。
ブライアンズタイムはタニノギムレットやビッグプラネットなど、この時期なら
マイルの距離をこなせる馬も多い。
△ヤマニンエクレール、シベリアンバード、ワールドハンター


umanari_lab at 22:47│Comments(0)予想 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ くすくす ]   2007年04月07日 22:21
◎マイネルフォーグだったのですが、弱気に1,2番人気にワイドで買ってしまいました。ただ、馬場が荒れないと来ないこの馬が馬券に絡んでくれたのは収穫です。来週への良い授業料となりましたw<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2007年04月08日 23:10
マイネルフォーグ本命はお見事です。ここまで荒れるとはビックリですねえ。来週もこの傾向が続くとなると皐月賞の予想は楽しそうです。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【桜花賞】有力馬分析 その2【阪神牝馬S】◎アサヒライジング