菊花賞

サンデーの上位人気馬はやっぱり母父が不安。
アドマイヤメインは母父ヘクターだと強調材料が少ない。
マルカシェンクはスローの切れ味勝負になると台頭してきても驚けないが
ドリームパスポートの父フジキセキは置いておいても、母父トニービンだと
やっぱり距離はクラシックディスタンスまでではないだろうか。
本命は素直にメイショウサムソン。
3冠馬のイメージは沸きにくい地味なタイプの馬だが、上位人気で一番
距離に融通が利きそうなのはこの馬だと思う。
相手は休み明けのトーホウアラン。
好位から鋭く抜け出せる競馬ができ、父ダンスインザダークも菊との
相性がよい。京都でも京都新聞杯勝ちがあることから対抗に。
休み明けなのが不安だが、他に走れる馬がいなければ十分圏内だ。
サンデー勢では、母父にノーザンダンサー系を持つアクシオン。
デルタブルースと同じ母父で、サンデーの中では一番距離適正がありそう。
穴は母父リアルシャダイのインテレット。
◎メイショウサムソン
○トーホウアラン
▲アクシオン
△インテレット

1件の返信

  1. フレディ より:

    ((っ`・Å・)σやっぱりサムソンですか?
    2番手以降おもしろい馬狙ってますねぇ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です