デュランダルの敗因を考察

デュランダルの敗戦はちょっとショックですが,敗因はいろいろ考えられます.
僕なりに考えた理由は以下の通りです.
1.陣営も生涯最高のデキなど絶賛,単勝も1倍台と人気しすぎた.
2.やはり3連覇はきつい.あまり使っていない馬だがやはり3年間ピークの力を維持するのはきついのであろう.
3.時計が速すぎた.
僕もハットトリックの人気は疑ったくせに,デュランダルの単勝1倍台には全く
疑うことなく安易に本命を打ってしまいました.
やはり1番の理由は3番でしょう.
今年のマイルCSはちょっと時計が速すぎたと思います.
スプリンターズSの予想では,デュランダルの時計勝負は不安と主張しているのになぁ・・・
マイルCS2回はいずれも1分33秒台で32秒台は未知の領域でした.
まさか32秒1で決まるとは思いませんでした.
さすがに年齢的な衰えも若干あるんでしょう.
それでもなかなかデュランダルは消せないなぁ・・・
今回は完敗です.
終わってみれば外国人ジョッキーのワンツー.
ハットトリックは過剰人気だと思いましたが,京都マイルは走りますね.
ペリエがうまく切れ味を復活させた感じがします.
ダイワメジャーは東京・京都では切れ味で負けて掲示板までかなという
予想だったんですが,想像以上に粘りました.こちらはある程度ペースが
上がる展開が向いていそうです.
まあ,この組み合わせで30倍ならそんなに悔しくありません.
デュランダルがこけたんだから万馬券行くのかと思いました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です