【JCD】メンバーが揃った

上位人気馬がハイレベルで順番をつけるのが難しそう.
とりあえず印はつけずに有力馬の見解でけ述べておきます.
カネヒキリ
父フジキセキだけを見ると東京2100mで消したくなるが,この馬のダート適正の
高さは母の父であるデピュティーミニスターの影響のようだ.
2000mで圧勝しているので距離も心配ないだろう.
前回負けたサンライズとは3キロの斤量差があり,ここも簡単には崩れそうにない.
タイムパラドックス
連勝のない馬で勝った次のレースは負ける傾向が強い.
その点,前走勝ってしまっことは気がかりだ.
しかし,昨年圧勝しているレースだけに,簡単に軽視はできない.
サンライズバッカス
父ヘネシーはやや短距離志向が強いが,母の父にリアルシャダイが入ったことで
ある程度距離に融通が利くタイプなようだ.
前回破ったカネヒキリよりは人気しないので鞍上込みで不気味である.
アジュディミツオー
アジュディーケーティング産駒はショックの利きやすい種牡馬.
今回は外枠,距離延長と一昔前なら喜んで飛びついてしまいそうな条件が揃った.
前走は59キロを背負って前での競馬なので悲観する内容ではない.
東京大賞典である程度軽い馬場もこなしており,中央適正もありそうだ.
サカラート
春になって急速に力をつけてきたが,小回り競馬が合うように思える.
東京適正はやや疑問が残り消したいところだが,鞍上にデットーリを配して少し
不気味な存在である.
外国馬
米国の2頭は持ち時計もあり不気味.
ただ,日本の馬場との違いがかなり合うようなのであくまでヒモ評価が賢明か.
上位はどれが勝っても同じような状態ではないかと思います.
外国馬など不確定要素も多く,ダート中距離はあまり得意な条件ではないので
ケンの方向で.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です