天皇賞予想スワンS回顧

2012年10月28日

天皇賞回顧

人気薄で挙げた3頭がいずれも渋滞に巻き込まれた情報があったので、◎○▲にドカンと行ったのですが、2、3、4着(笑)。やはり穴党は穴党らしく、小銭で穴狙いするのが性分に合っているようです。あと2ヶ月。何とか1つか2つ大きいところを当てたいですね。
【天皇賞】
シルポートの逃げる流れは1000m57.3。昨年の56.5に比べたらマシですが、それでもかなりのHペースだったと言えるでしょう。ただ、決定的に違ったのは、2番手以降がシルポートを無視したこと。特に2番手を走っていた秋山騎手は、昨年と同様に飛ばすシルポートについていけば、距離が持たないという考えがあったのでしょう。結果的に3番手以降に蓋をする結果になってしまい、後続勢は実質スローの瞬発力勝負になりました。
エイシンフラッシュ
実質スローの瞬発力勝負になったことが全て。中距離の平坦ラップもそれなりにこなすタイプではあるが、やはりベストはダービーと同じスローの瞬発力勝負。今回は雨の影響もあってか内がポッカリ空いて、ラチ沿いに走れた点もプラスに働いた。12番枠から内をつけるところがさすがデムーロ騎手といったところ。ジャパンCはダービーと同じ東京2400mだが、昨年同様のタフな流れになると危ないと思う。
フェノーメノ
4番手からの正攻法の競馬で、勝ち馬には内を救われた形。能力のあるところは見せたし、本来はもう少し厳しい流れになった方が向くタイプ。ジャパンCでも引き続き注目したい。父同様に若干甘い点はあるので、G1はなかなか頭では買いづらいかも。
ルーラーシップ
スタートでの出遅れが響いた。不器用なタイプなので、もう少し外の枠の方が競馬はしやすい。瞬発力勝負は決して得意とは言えないタイプだっただけに、よく3着に来たという印象。叩いたジャパンCでもう少し厳しい流れになれば。
ダークシャドウ
上位馬とは決め手の差が出てしまった。現状中団からの競馬になっており、以前ほどの爆発力はなくなっているように思える。1800mもこなしている馬なので、2400への延長はあまりプラスには働かなさそう。
カレンブラックヒル
4角で少し大事に乗りすぎたか。決め手では、中距離のG1級の馬には一歩及ばない印象で、東京で勝つなら4角で突き放さないとつらそう。マイルCSに出てくれば確勝級。
隠れスローで不発に終わった馬も多そうなので、ジャパンCではガラリと着順が入れ替わることも想定しておきたい。追い切りをビシッとしてくるようならトーセンジョーダンあたりも巻き返しありそう。


umanari_lab at 22:41│Comments(0)回顧 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ くすくす ]   2012年10月30日 18:34
今回、人気で買ってはいけなかったのは、カレンブラックヒルとナカヤマナイトでしょうかね。結果論ですが。<br />カレンブラックヒルは外枠で1800mまでしか実績のない人気馬。ナカヤマナイトは上がり勝負で実績のないスティ産駒。人気であっただけに傾向どおりしっかり切れるはずでした(苦笑)。ルーラーシップも2000mの競馬に対応できるローテではないと言う意味では、馬券外のはずでしたが、馬券内に来た事は(予想通りの出遅れでも)かなり能力を持っているという事でしょうか。まだまだ人気になりそうですけど。<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2012年10月30日 21:30
>くすくすさん<br />オールカマー好走馬は天皇賞にほとんど直結しないですねー。同じ2200mからフェノーメノが来ましたが、こちらは東京に実績がありましたし。ルーラーシップやフェノーメノのように、中山2200mで無理やりねじ伏せるぐらいの馬なら東京2000mでも好走できるのかもしれません。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天皇賞予想スワンS回顧