秋華賞予想府中牝馬S回顧

2012年10月14日

秋華賞回顧

ヤクルトが何とか一矢報いる勝利。明日の先発は微妙ですが、何とか頑張って欲しいもの。怪我人が多かったシーズンながら、ここにきて打線はベストに近いオーダーが組めているだけに、巨人ともそこそこやれるのでは・・・と思います。ただ、ペナントで20ゲーム離されている3位が日本シリーズに出ていいものかという疑問は沸きますが(笑)
【秋華賞】
行く馬がいないとは思いましたが、前半1000m62.2は遅かったですね。最後方から一気にまくったチェリーメドゥーサには驚きました。ただ、この馬、前走でも同じような競馬をしていたんですよね。前走のラスト4Fが11.4-11.5-11.2-11.3なので、今回もラスト5Fから自分の競馬をしっかりできたのだと思います。最後はさすがに力尽きましたが、なかなかの持続脚を持つ馬で、今後も注目したいですね。
ジェンティルドンナ
4角時点では差しそこねるかに見えたが、そこからはさすがの伸び。外を回したロスを考えれば牝馬相手なら抜けた存在なのだろう。同じ3冠でもアパパネよりも上に感じる。タフな流れで高いパフォーマンスを見せているので、ジャパンCあたりを使ってきても面白そうだが。
ヴィルシーナ
チェリーメドゥーサを無視して、そのまま実質スロー逃げで直線へ。オークスで大きく離されているところを見ても、この馬は瞬発力勝負の方が得意なのだろう。スローの瞬発戦ならジェンティルドンナとほぼ互角で、タフな流れになると少し差がある印象を受けた。そういう意味では牡馬相手のタフな流れになると厳しそう。エリ女はロングスパートの京都2200mなのでメンバー次第か。
アロマティコ
道中内で脚を溜めて4角でスムーズに外に進路を取れたようにコーナリング上手く反応が良いタイプ。ただ、世代のトップクラスには少し足りなくて、今日東京メインを勝ったアカンサスぐらいの実力ではないだろうか。G3ぐらいまでなら何とか。
アイムユアーズ
大外枠が影響して道中の位置取りがこれまでよりも少し後ろになったのが痛かった。やはり前々で押し切りたいタイプで、今日のような瞬発力を求められる流れだと辛い。ファルブラヴ産駒なので、適性距離はこれからどんどん短くなってきそうだ。来年は1400mあたりで。
ハワイアンウインド
1000万勝ちの割には、ちょっと過剰人気になりすぎていたかも。瞬発力よりもタフな流れを好むタイプなので、今後は小回りのローカルハンデ戦で出番がありそうだ。
チェリーメドゥーサを買っている人、直線熱かっただろうなぁ・・・。今後も、小回りで動ける馬というのは秋華賞での狙い目になりそう。
<当たるサイトを探している方へ>
下記をご覧ください。
先日のオールカマーのあるサイトの予想内容です。
オールカマー(GⅡ)
【内容】
◎ナカヤマナイト
○ダイワファルコン
▲ルルーシュ
△ユニバーサルバンク
【結果】
◎ナカヤマナイト→○ダイワファルコン→△ユニバーサルバンク
3連単 31,940円 的中
http://a.u-1976.jp/?kwpbr0756
さらに、このサイトは先週行われたレースで、
なんと下記6レースも的中させていました。
・9月29日(土) 阪神8R  3歳上500万下   2,037,300円 的中
・9月29日(土) 中山10R  茨城新聞杯      523,900円 的中
・10月1日(月) 阪神8R  3歳上500万下   142,900円 的中
・10月1日(月) 阪神10R  道頓堀S       74,100円 的中
・10月1日(月) 阪神12R  3歳上1,000万下  535,100円 的中
・10月1日(月) 阪神6R  メイクデビュー阪神  1,445,800円 的中
これはすごい・・・
http://a.u-1976.jp/?kwpbr0756
今週も期待できそうです!!


umanari_lab at 18:52│Comments(0)回顧 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ yamato ]   2012年10月14日 23:43
おめでとうございます!<br />最近、好調ですね ^ ^<br />ヴィルシーナは瞬発力勝負が得意なんですかね。<br />勝ち馬と比較して、<br />私は逆の印象を受けてました。<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく ]   2012年10月15日 21:27
> yamatoさん<br />ありがとうございます。<br />「瞬発力」の定義にもよると思いますが、ここではラップギア等の理論で用いられる急加速に対応できる能力のことを指しています。ジェンティルドンナが最も強かったオークスは、加速は少ないレースでしたので、ヴィルシーナはどちらかというと瞬発力勝負の方が得意なのかなというのが現状の見解です。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋華賞予想府中牝馬S回顧