【弥生賞】重視すべきは瞬発力フィリーズレビュー展望

2011年03月08日

弥生賞回顧

プレイがハナと予想していましたが、ターゲットマシンとアッパーイーストが競り合う形に。2頭とも生粋の逃げ馬ではないので、前半スローとなり、例年通りの上がり勝負となりました。
サダムパテック 1番人気1着
仕上げが甘いかと予想したが、8割の状態で勝てるのだから能力は高い。今回はある程度好位で競馬できたことで脚質の幅が広がった。厳しい流れになって距離がどうかだが、皐月賞はドリームパスポートやダイタクリーヴァなどフジキセキ産駒がそこそこ好走しているので、連対は十分にありえそう。個人的にはマイルCを使ってくれば鉄板かと思う。
プレイ 7番人気2着
スローの瞬発力勝負で上がりもそこそこまとめられたのは収穫。ただ、今回は開幕2週目の馬場と展開面による恩恵が大きく、皐月賞の頃の馬場では逃げ粘りはかなり厳しいように思える。バテないタイプの堅実な逃げ馬で今後も穴党としては正しくお付き合いしたい馬。
 デボネア 5番人気3着
切れ味では劣るとみて無印にしたが、うまく内をつく競馬でサダムパテックよりも速い34.1をマークし、本番が楽しみになった。底力勝負は京成杯で経験済み。血統的にも皐月賞に強い母方に欧州系の血を持ったサンデーで、現時点での皐月賞本命候補。
ショウナンマイティ 4番人気4着
瞬発勝負なら巻き返せるという想定で◎を打ったが、想定以上にエンジンのかかりが遅く、ラストの脚を見せるまでに時間がかかりすぎた。この競馬では内回りコース、中山コースでは買えない。メイショウベルーガみたいに京都外回りだけ買っておけばいい馬になりそうな予感。
 オールアズワン 3番人気8着
スタート一息で後方から差す競馬。今回も上がり3F35.0の脚しか使えておらず、今までの戦績通り切れる脚はないようだ。本番向きのタイプだが、今までのネオユニヴァースの一線級と比べるとどうしてもスケールの面で劣る印象で、皐月賞でも良くて3着ぐらいじゃないだろうか。
 ターゲットマシン 2番人気11着
2戦2勝とはいえ、関東で連勝してきた馬が2番人気は結果的に過剰人気だったか。ディープ産駒は気性的に幼い馬が多く、重賞で人気を背負って大きく裏切るケースが多い。条件が合わなければあっさり凡走するので馬券的においしいことになりそうだ。サンデーの後継種牡馬ではダンスインザダークに近そう。
【オススメサイト】

サイト名:ダービーキング
月額・年会費無料
の会員募集詳細はコチラ
フィリーズレビューの予想も無料!


本当に馬券を当てたい方におすすめのサイトがダービーキング。
とにかく的中させる力はすごい。
例えば・・・
1月30日(日)東京9R 立春賞 3連複26,350円的中!
5番サトノエクスプレス、12番オルトリンデ、2番ビンチェロの3頭を
完全的中。
*11番人気のビンチェロを拾えるとは・・・
他にも2011年から的中ラッシュがたくさん。
会員が増えて投資金額が上がるとオッズが下がってしまうため
現在、少しずつ会員を募集しています。
月額・年会費永久無料でご負担にはなりませんので、一度
お試しで入会されることをおすすめします。


umanari_lab at 21:41│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【弥生賞】重視すべきは瞬発力フィリーズレビュー展望