【京都牝馬S】上がり4F勝負今週の競馬

2011年01月30日

京都牝馬S回顧

今週から京都はBコースだったわけですが、先週までと違って完全に外が伸びる馬場に一変。ラストのラップも特徴的なレースが多く、今週はラスト1ハロンで加速するレースが多かった。差し馬が外から勢いをつけて前の馬を交わし、ラスト1ハロンで伸びているレースが多いからか。
京都牝馬Sはアグネスワルツがスタートが悪くて前半スローで流れたこともあり、ラスト4Fで11.9-11.5-11.2-11.3と11秒台が並ぶラップで、ラストまでしっかり伸びているのが特徴。
ショウリュウムーン
今回はうまく外に出せて久々に直線ではじけた。元々これぐらいは走れる素質はある馬。ハミを変えた効果は絶大だったようで、調教の良さがレースに直結した。やはり器用さを欠くタイプのキンカメ産駒なので、広いコースがベスト。直線のばらけやすい京都マイルで今の調子なら牡馬相手でも面白い。ヴィクトリアマイルは京都ほど馬群はばらけない東京マイルなので外枠が欲しい。母父のダンスっぽい面も出ている馬なので、牡馬相手の安田記念での激走も警戒したい。阪神牝馬Sあたりを使ってきたら絶好の消しどころ。
ヒカルアマランサス
最後でギリギリ間に合ったが、やはり前半もたつくようになってきている。今回は馬場や騎手の助けもあって伸びたが、あれだけもたつくと今後は少し心配。今後は小回りコースでは基本的に軽視。京都・阪神外・東京はヒモに加えておくスタンスでいいだろう。
サングレアズール
先行馬壊滅のレースで、唯一内で3着に粘っている点は評価したい。ダートから芝に転戦し、芝の短いところを使っての延長ローテ、そして父クロフネは昨年のベストロケーションと同じ穴パターン。
ブロードストリート
マイルだと少し距離不足の印象。ベストは1800mか。今回は太目残りもあったようなので、ベストの1800mを使ってくれば見直したい。
アグネスワルツ
スタート悪く中途半端な競馬。前走で楽をしすぎたので、今回のロングスパートレースはかなり厳しかったか。まともに出ればもっとやれる馬。
アプリコットフィズ
京都外回りは合わないとは思うが、それにしても負けすぎ。久々の割に中間も軽かったし、関西圏への輸送もこたえたか。関東圏のレースで見直したい。


umanari_lab at 21:35│Comments(0)回顧 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ t-hory ]   2011年01月31日 18:34
京都牝馬の馬連本線的中おめでとうございます。<br />また今回は○どまりだったとはいえ、長期間狙い続けてきたショウリュウがお金になったというのは気持ち良い的中だったのではないでしょうか(^^)<br />私はサングレアズールがまず勝ったという認識で画面を見ていたので、その横を何か物凄いスピードで通り過ぎていったので驚き、それがショウリュウだったのを確認してつい笑いが出ました。鬱憤が溜まり続けて、それが弾けたかのような末脚で。ダンスはおっかないです(^^;<br />
2. (No Title)  [ るなぱーく@管理人 ]   2011年01月31日 20:35
> t-horyさん<br />ショウリュウはまるまるダンスな感じなので、またしばらく人気を裏切りそうですよね。<br />サングレアズールは迷った末にヒモから外してしまいました。◎お見事です。3連で拾えていたら大幅プラスが狙えたんですけどね~。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【京都牝馬S】上がり4F勝負今週の競馬