弥生賞予想フィリーズレビュー予想

2010年03月08日

弥生賞回顧

あまりに当たらないので、嫁に「エアー馬券」を買ったら?
と言われました(^^;
予想スタンスが崩れているし、当面エアーを導入するというのはありかも・・・
【弥生賞】
開催2週目で2週連続重馬場ということで、内有利のバイアスが働いた模様。内を通った1~3番枠の馬が1~3着。
ヴィクトワールピサ。この人気でよく我慢したなぁ。実質ラストしか追えない競馬で前を捕まえての完勝。重馬場とはいえ、瞬発力が抜けた存在であることはわかった。重馬場ということはあるが、ペースをみると例年通りの弥生賞という印象で、本番を連勝するにはワンランク上の競馬をする必要がある。これまで1000mで61秒を切る競馬の経験がなく、瞬発力に秀でていることは証明できても、速い流れに対応できるかは疑問。個人的には、1~2番人気必至の皐月賞では重い印は打ちづらい。
エイシンアポロン。2000mの距離を克服できたのは収穫。このあたりは、母父のサドラーズウェルズの影響が大きいのかも。ただ、クラシックという話になるとストームキャット系では少々心許ない印象だ。瞬発力よりは持続力に優れているので、皐月賞は向かないことはないかと思うが、サンデー系の上級馬に混じるとG1では少し足りない印象を受ける。
ダイワファルコン。近親のダイワメジャーがトライアル3着から皐月賞を制しているので、人気がなければ本番もヒモにはマークしておきたい。
ダイワバーバリアン。早めに動いたことを考えれば良馬場なら2000mまではこなせそうな印象を受けた。賞金が足りないので皐月賞は出走できなさそうだが、NZTあたりなら中心的存在になりそう。
ミッションモード。内枠を生かせず後方から外を回る競馬。サドラー系の好走が多かった日だけに、血統的には向いていたはずだが、スムーズさを欠きちぐはぐな競馬だった。回避から一転出走に踏み切ったあたり状態面で万全ではなかったか。


umanari_lab at 21:30│Comments(0)回顧 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
弥生賞予想フィリーズレビュー予想