【ニューイヤーS】◎レッドスパーダ日経新春杯回顧

2010年01月16日

【日経新春杯】◎サンライズマックス

土曜は◎○が1着3着。2着馬を思いっきり消しているので、惜しくも何ともありませんが、重い印を打った馬が上位に来たのはよい兆候か。
【日経新春杯】
有馬記念では早めに後続に捕まって自分の競馬ができなかったテイエムプリキュアが展開の鍵を握る。今度は京都の坂を利用して早めに動く競馬をしてくるだろう。テイエムプリキュアが出走するレースは、単純な瞬発力勝負にはなりにくく、加速・減速の少ない持続ラップのレースになりがち。また、土曜の馬場をみる限り、引き続き外が伸びにくい馬場である印象を受けた。インを突ける馬、ジョッキーが狙い目か。
サンライズマックス
同じ父のドリームジャーニーと似たタイプで、極端な瞬発力勝負を嫌うタイプ。この馬の重賞勝ちは、加減速の少ない持続ラップで、テイエムプリキュアの刻むラップはまさにうってつけ。毎日王冠や鳴尾記念は、この馬の苦手とする瞬発力勝負になっているだけに敗戦は度外視できる。鞍上は何だかんだで京都の外回りの騎乗は超一流。内が伸びる馬場となれば直、枠から考えても直線でインを突く可能性はかなり高いように思える。ステイゴールド産駒は重賞では1着が多いので頭狙いで。
ベストメンバー
レベルが高いと言われていた現4歳の最後の砦か。中間は坂路とCWで好時計を連発しており、仕上がりは万全。こちらも切れ味勝負よりも持続ラップを好むタイプなので、テイエムプリキュアの流れに合いそうだ。デルフォイを物差しにすると、このメンバーなら十分に勝負になりそう。
インティライミ
もう終わったと思われがちだが、このメンバーでこの人気なら穴で狙ってみたい。中間は追い切りを強化しており、前走時よりも上積みが見込める。G2とはいえ、メンバー的にはG3級。内枠を引いて早めの競馬をすれば、一発が合ってもいい。スタミナ系のサンデーが好走する今の馬場もピッタリ。
トップカミング
前走準OP勝ちの馬が1番人気では買えない。2400m戦の2勝はいずれもスローでタフなレースの経験は少ない。
メイショウベルーガ
牝馬が牡馬混合2400mで人気では手を出しづらい。ここ3走はいずれも外から追い込んでくる競馬。今の京都はそれほど外が伸びない馬場なので割り引いておきたい。
 ◎サンライズマックス
 ○ベストメンバー
 ▲インティライミ
馬券は◎→○▲の馬単がメイン。裏も押さえておく。


umanari_lab at 21:10│Comments(0)予想 

この記事へのトラックバック

1. (No Title)  [ ルゼル ]   2010年01月17日 15:34
こんにちわ。<br />今日も3歳戦ですね。<br />私はシンザン記念とは違って、キャリアの浅い馬に注目します。ここで成果を出さないと、昌金的に苦しいですからね。<br />フラガラッパとアースステップかな。<br />前の残りで、ログかな。<br />
2. (No Title)  [ ルゼル2 ]   2010年01月17日 15:35
連続投稿ですんません。<br />今日とは、セラフィックの宮崎にします。<br />軽量馬で差しの鋭いメイショウを一緒に突き抜けないかなぁ。<br />では、よい重賞を<br />
3. (No Title)  [ るなぱーく ]   2010年01月20日 22:13
>ルゼルさん<br />こんにちは。<br />今週は重賞堅かったですね。セラフィックはもう一度ぐらいどこかで穴になりそうです。<br />

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ニューイヤーS】◎レッドスパーダ日経新春杯回顧