【シンザン記念】◎タガノパルムドールシンザン記念・フェアリーS回顧

2010年01月10日

【フェアリーS】◎カホマックス

シンザン記念は惨敗。
タガノパルムドールはもっとペースが締まらないと出番がないタイプでしょうか。上がりが速い競馬だと現状苦しそうですね。単騎で逃げたとはいえ、メイショウドトウが逃げ粘るとは思いませんでした。
今週は月曜も競馬。当初はジャンポケ2頭が消せないのでケンの予定でしたが、人気どころが外枠に集中したので、急遽参戦することにしました。
人気どころが外枠を引いたので、セオリー通り内枠の逃げ・先行馬を狙ってみる。
カホマックス
メンバー中2頭しかいない2勝馬なのに、人気の盲点になっており、展開面から考えても面白い馬。今開催の中山マイルはグレイソヴリン系の活躍が目立ち、母父トニービンは4レース中既に3連対と好相性。未勝利戦では前傾ラップで逃げ切り勝ちする等、中山マイル適性の片鱗を覗かせている。鞍上の松岡とは2戦2勝と相性も良い。少し間隔が空いたが坂路で好時計をマークしており、デキは問題なさそうだ。
セントアンズ
7戦のキャリアで3着を外していない堅実派。1200mまでしか距離経験がないが、父スペシャルウィークならマイルまでは問題ないだろう。メンバー中、500万以上のクラスで中山コースの連対があるのは同馬だけ。◎との行った行ったで大波乱期待。
 ◎カホマックス
 ○セントアンズ
 ▲ナリタブルースター
 △コスモレニ、ディアアレトゥーサ、アプリコットフィズ、テイラーバートン


umanari_lab at 22:57│Comments(0)予想 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【シンザン記念】◎タガノパルムドールシンザン記念・フェアリーS回顧