カテゴリー: 回顧

0

[阪神JF回顧]まさかまさかのスローペース

短距離からの参戦が多く、締まった流れを想定していたんですが、予想外のスローな流れ。田中健君、マルモセーラであのペースを2番手追走じゃダメだよ~!ラスト4Fが12.7-11.7-11.2-11.61.0...

2

ジャパンC回顧~展開は読み通りも~

ジャパンCは、残り1000m付近から加速して、残り3Fのところで1.0の強力な加速と、瞬発力が求められるレースだった。ブエナビスタが降着となって少し後味の悪いレース。外国勢はやっぱり役不足で、日本で勝...

1

マイルCS回顧

アグネスデジタルが勝った2000年に近いラップ。前半33.7は京都マイルとしてはかなり速く、1000mの通貨ラップ56.7は過去10年で最速。坂の下りで0.3加速するのはやっとで、直線入り口からは減速...

1

エリ女回顧

スノーフェアリー内を突いて最短コースを通ったとはいえ、圧巻の末脚。馬群がばらけやすい、京都外回りコースをうまくついた好騎乗。ムーアうまいね。4角ではアパパネとほぼ同じ位置取りで、上がり3Fで1秒近い差...

0

アルゼンチン共和国杯回顧

アルゼンチン共和国杯は完敗。騎手で評価を下げた馬に上位3頭を独占されてしまいました。ラストを除くと一番遅いのが12.3で息の入りにくい厳しいレース。上がり4Fでも極端な加速は生じない平坦戦。末脚の持続...

0

天皇賞回顧

個人的には、◎エイシンアポロンが直線で壮絶な不利を受けてすっきりしないレースでした。○ブエナビスタ-▲オウケンサクラからの3連複は、外から伸びてきたペルーサの追い込みで消える・・・。もう少し馬場が渋っ...

1

菊花賞回顧

61.0-64.5-60.6=3.06.1予想通り、コスモラピュタがハナへ。中盤では13秒台を連発しているにも関わらず大逃げの形に。残り800mからスパートしてここからは平均ラップを刻みます。通常の菊...

0

秋華賞回顧

前半1000mが58.5、1000mを超えてからいったん12.8→12.5と緩んで、残り600から11.6→11.2→11.8。ラスト4Fのところが緩んでいたのは完全に誤算。秋華賞では10年間で2度し...

1

毎日王冠回顧【△◎的中】

35.5-35.4-35.5見事なまでに均一なラップ。シルポートが逃げたことで、ここ2年よりはスピードの持続力を求められた印象。4F→3Fのところで0.9の加速が入るも、直後に1秒減速していることから...

1

京都大賞典回顧

良馬場発表とはいえ、パンパンの良馬場とは言えない馬場。それだけに前半3Fの34.1と5Fの57.7は完全にオーバーペースで、800m時点で早くも捕まってしまいます。2番手追走のゴールデンメインは3着は...