カテゴリー: 回顧

0

高松宮記念回顧 無○◎✕

朝から不良馬場ということで、久々に結構勝負したのですが、コパノリチャードが抜け出して万事休す。終わってみれば無○◎✕で印だけ見ると惜しいですが、コパノリチャードの適性を見ぬくことが出来ませんでしたので...

1

スプリングS回顧

日曜日は悔しいレースが続きました。阪神大賞典は4角で◎ゴールドシップがバンデを飲み込み、後方から○アドマイヤラクティと▲サトノノブレスが併せて上がってきたので、3連複は確実かと思いましたが、そこからバ...

0

フィリーズレビュー回顧

フィリーズレビューは、ハイペースでの持続力勝負を想定していましたが、終わってみれば前残りの競馬。うーん。展開の読みすら当たらず予想は完全に迷走ですね。すいません。 34.6-35.6だけみると平均的な...

0

オーシャンS回顧

高松宮記念の展望も兼ねてオーシャンSも振り返っておきましょう。 前半3F-後半3Fは、33.9-35.0 ラスト3Fが11.6-11.5-11.9 でした。時計がかかっている馬場だったとはいえ、極端な...

0

弥生賞回顧

1000m通過は61.2。時計のかかる馬場を考慮すると平均よりやや遅めぐらいでしょうか。道中はトゥザワールドが外から進出してラスト1000mから 11.9-11.9-12.3ー11.9ー12.2 でし...

0

土曜の反省&弥生賞に向けて

ハープスター強かったですね。桜花賞の時期にはさらに外伸びになりますし、真ん中より外の枠ならまず崩れることはないでしょう。10Rよりも速いペースで古馬の勝ち馬と同等の脚を使っていますから、7~8分程度の...

0

阪急杯回顧

高松宮記念の前哨戦としての位置づけもありますので、阪急杯も少々。 コパノリチャード 33.8-35.8の消耗戦に持って行って4馬身差で圧勝。開幕週の馬場の恩恵もあったと思いますが、それにしても強い内容...

0

中山記念回顧

11番人気マイネルラクリマ◎で臨みましたがクビ差及ばず。2番人気ジャスタウェイが無印なので全く惜しくもありませんが・・・^^; 日曜は本命馬がいずれも4着とあと一歩足りませんでした。そろそろ大きいのを...

0

フェブラリーS回顧

うーん。マイネルフロストはもう少し前で競馬して欲しかったなぁ。最後の伸びはなかなかのものだっただけにちょっと勿体無かったですね。それにしてもなかなか当たりません。若干振り回す予想になり気味ですし、ここ...

0

きさらぎ賞回顧△◎▲

やはり日曜の東京は中止でしたね。11日が祝日なので、4日連続開催になるのかと思ったら代替開催は17日なんですね。東京新聞杯は練り直しになりそうです。きさらぎ賞は△◎▲でしたが、天気がよく馬場が回復しそ...