AJCC予想◎ショウナンバッハ

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

かつては個人的なドル箱重賞だったAJCC。初見の予想は◎ジェネラーレウーノ○ダンビュライトに突っ込む予想だったのですが、馬場や展開面を考慮して大幅に変更しました。果たして吉と出るか凶と出るか。

土曜の馬場を見ると、例年よりも内が悪い印象。スローの9Rこそ前が残ったが、メインで逃げたティソーナは楽逃げから粘り込みを図るも外からの強襲にあって4着となっている。

ここは菊花賞で溜めすぎて切れ負けしたジェネラーレウーノが出走。陣営も早めスパートを示唆しており、この馬が逃げるか番手にしても前が早めに動く展開になるだろう。ただ、外が伸びる馬場で、ピークを過ぎたマイネルミラノはともかく、スローロンスパで上がりをまとめることのできるステイインシアトルは容易に競り勝てる相手ではない。結果的に外差し馬場も味方して、逃げ馬には厳しい流れになると見る。

そうなると、中心は菊花賞馬フィエールマンで良さそうだ。この馬の特徴は追い出してからの反応の良さで、スローの直線勝負になった菊花賞での内から抜け出す脚は秀逸だった。圧巻だったのはラジオNIKKEI賞で、4角で絶望的な位置からのただ1頭別次元での追い込みで2着まで食い込んだ。中山内回りの山藤賞では、コーナーでスッと加速しての楽勝しており、ハイペースを無理に追いかけなければ十分に届くと見た。

穴で狙ってみたいのがショウナンバッハ。昨年の夏の復帰後からは高齢ながら馬が充実期に入っており、新潟記念2着、オールカマーではダンビュライトと差のない5着と好走。圧巻だったのが前走の中日新聞杯で、ハイペースで前が止まったこともあるが、直線ではギベオンを交わして一瞬先頭に立つものすごい脚を見せた。好走がハンデ戦ということもあって、ここでは軽視されているが、外差し気味の馬場、捌きやすい少頭数と条件は揃っている。3年前に3着した舞台で再度の一発に期待してみたい。

外枠になるが、中山巧者サクラアンプルールも怖い。コーナリングで加速することが上手い馬だが、外を回しすぎるとラスト止まるので、少頭数は歓迎。大外枠も11番なら有馬よりはだいぶいいし、中山2200mはスターとからコーナーまでが長いので、この枠でもある程度内に潜り込むことが可能。あまりハイペースになると得意ではないが、今回はある程度縦長になりそうなので、後続はそれほど速いペースにはならないと見る。

◎ショウナンバッハ
○フィエールマン
▲サクラアンプルール
△ダンビュライト、メートルダール
✕ジェネラーレウーノ、ミライヘノツバサ

馬券は◎からの馬連と◎=○▲=印の3連複で。

PR)気になる穴馬!指数が低かったら即買い!

先週もしっかりと的中を積んでいますよ。

【1月14日(月)】
中5R11,000円、中山6R25,210円、京都10R37,610円
【1月13日(日)】
中山1R20,410円、中山6R30,720円、京都2R13,470円、京都11R10,530円
【1月12日(日)】
中山3R24,060円、中山11R54,740円、京都2R11,960円

指数通りに買っていたら簡単に万馬券が取れちゃいました!

もちろんアメリカJCC週もお世話になります!
今週は東海ステークスもあるので指数で的中を狙いましょう!

過去の指数を見て是非検証してみて下さい。

「フィエールマン」は人気ですが、指数値はどうでしょう・・・?
大穴狙いたい方は、穴馬で指数値30以下だったら即買いですよ。

⇒アメリカJCCの指数を無料で見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です