弥生賞予想

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

オーシャンSは個人的には10回予想しても取れないレース。キングハートはよくなるのはもう少し先かなと思って軽視してしまいました。スプリント路線は混沌としていて難しいですね。外枠から見せ場のあったラインスピリットあたりは、すぐに人気を落とすのでどこかで穴をあけそう。

チューリップ賞はややスローからの決め手勝負でストレスの少ないレースだったので、2着マウレアは本番でパフォーマンスを落としそう。テトラドラクマが引っ張るならリリーノーブルの巻き返しの方が怖いですね。堅いか。

【弥生賞】

有力どころが始動も、チューリップ賞同様、正直馬券となると面白みに欠けるレース。

高速皐月賞が向きそうなのはダノンプレミアムですかね。マイラー寄りのディープなので、スピード決着でタフな流れになると強い。逆にスローになりそうなトライアルや、決め手を要求されるダービーでは少し疑ってみてもいいかな。

ワグネリアン
土曜の馬場を見るとやや時計がかかる馬場は継続とみてよさそう。母父キンカメで時計がかかる馬場が合いそうなこの馬を本命に。キャリア3戦ながら、極端なスローからハイペースまで経験しており、スローのトライアルなら福永Jは信頼できる。

サンリヴァル
穴で狙うならこの馬ぐらいしかいなかった。前走は後ろからの馬が1~3着の中での4着。2歳暮れとしてはかなり厳しいペースだっただけに、緩い流れに戻っての一発に期待。ダノンプレミアムが折り合いを重視してあまり突っかかってこないのであればチャンス。

◎ワグネリアン
◯サンリヴァル
△ダノンプレミアム、オブセッション、ジャンダルム

馬券は◎◯からの3連複3点。

 

PR【弥生賞は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下

3月1週目は重賞3レース「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「弥生賞」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。

以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
2017年は「赤文字のコラボ@指数」が4着まで並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、弥生賞は見えてきた気がします。

そして、この弥生賞の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「オーシャンS」「チューリップ賞」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です