弥生賞回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

サンリヴァル3着に残ってくれたように見えたんですがハナ差4着。展開は絶好だっただけに、何とか残ってほしかったです。最後はクビの上げ下げの差でしょうか。動画見て当たったと思ったら当たってなくて愕然としたのは、先週のデジャヴ。。

レースは好スタートのダノンプレミアムを交わしてサンリヴァルがハナ。1000m1分1秒5と、昨年ほどではないにしろスローペースでコントロール。ラスト4Fまでは12.8と遅く3F勝負になったので、12秒前後が続く本番には直結しないペースだったと言えるでしょう。

ダノンプレミアムは、ペースが速い方が強いと思っていたので、ここで勝たれちゃうと連チャンの可能性が高くなったかな。距離が伸びるダービーは喧嘩売るつもりでいますが、皐月賞は今のところ白旗。

2着ワグネリアンは期待ほど伸びませんでした。33.7の脚は使っていますので、前から34.1で伸びたダノンが強いとも見れますが、成長期にマイナス体重での出走になったのはちょっと残念でしたね。多頭数でペースが上がるのはプラスには働かないと見るので、ダノンとの逆転は難しいのではないでしょうか。

3着ジャンダルムはこのメンバーに入ると少しスケール面で落ちるのでしょう。本番になるとさらに足りなくて4,5着かな。高速馬場になって1分58秒台とかになった方が母系のスピードが生きて面白そうですが。

コーナーをまともに回れなかったオブセッションは、藤沢厩舎らしく青葉賞→ダービーのローテになりそう。2戦目を見る限り能力はありそうなので、青葉賞である程度格の違いを見せるのであればダービーで買いたい馬です。

 

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは阪神スプリングジャンプ

的中に特化した予想。
3月3日(土)三連単・三連複44.4%、単勝80.6%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、今週の重賞「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「阪神スプリングジャンプ」です。

過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。 そして、最も取りたいのは3連単ですよね。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで【すべて赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「フィリーズレビュー」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

全てのデータを見たかったら、たった月額1,980円で見れちゃいます。 毎日、データを確認しながら指数をうまく使って週末4重賞を「最少点」で的中させましょう。
見やすく、豊富なデータを誇る指数サイトはこちら ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です