オーシャンS予想

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今週は弥生賞があまりやる気が起きないので、土曜参戦で。

この時期の中山は冬場からの開催の影響、芝の生育の問題などもあり、それほど時計が速くならない。今年は木曜に春の嵐で40ミリ以上の降水があり、良馬場とはいえ少し水を含んだ開催になりそうだ。時計がそこまで速くならなくて1400mタイプも好走できるレースだ。

展開を考えると、外のナックビーナスが行き切ると速くなりそうではあるが、内のネロがすんなりなら平均ペース。馬場を考えると時計は1分8秒台後半になりそうだ。内枠が欲しかったナックビーナスだが、再度外枠で陣営は馬群に入れたいようなコメントを示唆。ネロがすんなりでやや前傾の平均ペースと予想する。

◎ビップライブリー
1200mはネロの2着した京阪杯1回のみであるが、前走では1400mのハイペースに対応できていたし、極端な前傾ラップであれば1200mも十分対応可能だろう。その前走は直線で狭くなりながら0.5差の5着と健闘。今回人気のレーヌミノルとは3キロ差で先着している。13戦連続掲示板の超堅実派で、相手が変わっても自分の力はきっちり出せるタイプ。ここは阪神Cよりも相手弱化で3着内の可能性は高いと見た。

◯ネロ
昨秋から復調気配。7歳になってしまったこともあり、往年のスピードはないが、それだけに時計がかかる馬場は歓迎。うまく単騎で逃げれば。

▲ジューヌエコール
函館SSのパフォーマンスならここでも通用する馬。昨秋は立て直しに苦労したが、同じ休み明けでも今回の方が中間動いていて復調気配が伺える。内枠で前半気分良く好位が取れれば一発あるか。函館のレコード勝ちが印象深いが、父クロフネでデビュー戦重圧勝からもパワーは有るタイプだ。

◎ビップライブリー
◯ネロ
▲ジューヌエコール
△ラインスピリット、レーヌミノル
✕フミノムーン、アルティマブラッド、リエノテソーロ、スノードラゴン、ナックビーナス

馬券は◎=◯▲=印で。

 

PR【弥生賞は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下

3月1週目は重賞3レース「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「弥生賞」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。

以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
2017年は「赤文字のコラボ@指数」が4着まで並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、弥生賞は見えてきた気がします。

そして、この弥生賞の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「オーシャンS」「チューリップ賞」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら

1 Response

  1. つばさ より:

    馬柱がバグ?ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です