日経新春杯回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ガンコ=ロードと、ガンコ=ロード=ミッキーは持っていたので、直線入り口では一瞬やったかと思ったんですけどね。ミルコに見事にやられました。

レースはロードヴァンドールがハナ。スタート直後は少し内を空けてうまく2番手を牽制してハナをキープしました。4F目からうまくペースを落として1000m62秒のスローに。そこからも後続が動かなかったこともあり、ラスト3F勝負に。

前が楽をしていたこと、当日の内がよく来ていた馬場もプラスして思いっきり前残りの馬券になりました。もうちょっと貪欲に前残りを狙う馬券を買えば良かったかなと少し後悔。

パフォーマプロミスは、ステゴらしく徐々に力をつけており、これから楽しみですね。ロードと2キロ差あったので、今回の勝利だけでG1でどうこうは言えないですが、日経賞あたりも健闘するなら楽しみはあります。速い上がりのレースでは切れ負けしているので、今日のような少し時計のかかる馬場の方が良さそう。

ロードヴァンドールはマイペース逃げ。ダイワメジャー産駒は父のイメージが強いものの、ペース次第では長距離でも十分馬券になるし、この馬自身もゆったり行けるのであればこれぐらいの距離の方が合ってそうです。横山典Jとの相性も良いですね。

ガンコは2番手からの競馬で展開が向いたところはありますが、芝替わり2戦目での重賞挑戦でよく走っていると思います。前に行けてしぶといタイプですし、今年の成長に期待したいですね。現状時計がかかる馬場の方が良さそう。

ミッキーロケットは外を回したこともあるけど、少しだらしない内容。もう少し早く動くべきだったとは思いますが、ちょっと伸びなさすぎ。体調面もあったのかもすれませんね。

モンドインテロは、展開不向きだったこともありますがサッパリな内容。スローの3F勝負では持ち味が出ないので、もう少しレースが動いてくれた方が良さそうです。

さて、日経新春杯は当てにいったのでは当たらず、初日が出ません。今週は穴馬に関してはそこそこ拾えていたので、そろそろビシっと当てたいですね。

PR【馬券になる共通点が見つかった】アメリカJCC(G2)、東海S(G2)

1月3週目G2の2連戦 21日(日)開催
中山11R アメリカJCC(G2)
中京11R 東海S(G2)
このデータを見てみてください。

これでもかと馬券に絡んでくるデータがあります。

この2レースの予想で難しいのは、「みごとなまでの上位人気馬の凡走」
例えば2017年
アメリカJCC 1着14.7倍の7人気
東海S 1着1人気だったものの、2着96.3倍の12番人気、3着59.6倍の10番人気

予想外の馬がバンバン馬券に絡んできます。
もはやオッズなんて予想の参考になりません。
こういったレースは、複勝やワイドでも美味しい馬券になるチャンスです。
的中をつかむコツがあります。それは、

【過去数年、同じ方法で予想をしてきた結果データの共通点を見つける事】

使うデータは2018年1週目「中山金杯、京都金杯、フェアリーS、3連続単勝的中」させたこちらの指数です。
→ 無料会員登録ページ

各レースで、ある共通点が見つかりました。
それは、
■中山11R アメリカJCC(G2)
→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内
■中京11R 東海S(G2)
→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内

アメリカJCC(G2)データは無料公開が決定しています。
このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。
→ 無料会員登録ページ
※無料公開のアメリカJCCの指数は、レース当日の昼に北条のブログで公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です