AJCC回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

本線じゃなかったので、ガッツリとはいきませんでしたが、3連複を何とか引っ掛けてようやく初日が出ました。

レースはマイネルミラノがスタートダッシュ今ひとつも押していって何とかハナへ。そこから少し緩めて1000m61.3とスローに。ただ、1000m過ぎてからは極端には緩めずずっと12秒前後をキープし、後続を徐々に引き離していきました。2番手のダンビュライト、早めに動いたミッキースワローには差されたものの、何とか粘り込んで3着。

勝ったダンビュライトは、早めの競馬を選択したデムーロの好騎乗。上がりが速くなると怪しそうなので、G1ならおそらく大阪杯よりも梅雨時の宝塚記念の方が条件は合いそう。それでも強敵相手だと3着ぐらいが精一杯なように思います。

ミッキースワローは早めに動いた鞍上の好判断で何とか2着を確保。もっと馬場が軽ければダンビュライトとの逆転は可能そうで、同距離の京都記念あたりなら有力でしょう。

マイネルミラノは、スタートは悪くなかったのに、その後のダッシュが全然でした。これだと2000m以下、特に最初のコーナーまでの距離が短いレースだと買いづらいですね。同型が少なく、かつ、スタートからの直線が長く、斤量が軽いなど複数の条件が揃わないと再度の激走は難しそうです。

レジェンドセラーはちょっと重かったのもあるかと思いますが、やはり長く脚を使うレースには向いてなさそう。もっと距離があった方が良さそうですね。

ゴールドアクターは、状態面が深刻だったようで、これは立て直しが難しそうです。追い切りでガラリ一変とかないとちょっと買いづらい馬になりそうですね。

 

PR【馬券になるのは不人気馬。根岸S、シルクロードSを当てる技】

1/20土曜日の全36レース対象、的中実績値です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単勝88.9% 複勝100% 馬連69.4%
ワイド80.6% 馬単69.4% 三連複50%
三連単50%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
このデータを使います。それではさっそく、

■根岸S、シルクロードSの過去結果

指数1位~3位までの好走度が高い。

■根岸S細分化データ

4年連続3連単的中させる共通点が見つかりました。高配当を狙えるレース。
3年連続指数1位が単勝的中。指数1~3位が5着までほぼ入ってきます。
毎年馬券になる馬の力が均衡するので予想が一見難しいレースではあります。しかし、
【ポイント】チェックすべき項目は、指数順位ではなく指数値32以下の馬。
4年間5着までの馬、すべて指数値32以下で決着。
万馬券だろうと15万馬券だろうと、すべて指数値32以下で決着している。
この指数は「数字が小さい方が走る馬」を示しています。
よくある他の指数は「数字が大きい方が走る馬」と示しているので間違えないようにしてください。
根岸Sの指数は日曜日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開決定。
→ 無料会員登録ページ

■シルクロードS細分化データ

毎年荒れてます。
順当に指数上位1位~4位の馬が走っているように見えるが、傾向をつかむとなると難しい。
というのは、2015年以外指数1位~4位までの馬が5着以内に2頭ずつしか走っていないのだ。
つまり、根岸Sと比べてもわかるが、不人気馬の好走率が高すぎる。
ちなみにこのデータでは、馬券内になった穴馬
2017年3着指数4位→7人気単オッズ18.6倍
2015年3着指数4位→12人気単オッズ36.7倍
※同年1着、指数値が一緒だった指数4位馬は2人気単オッズ4.4倍
【ポイント】チェックすべき項目は、指数1位~4位の馬。
今年も2015年のように指数1位~4位の馬で馬券を組み立てて8万馬券的中。みたいなことが起こればいいが果たしてそうなるか。ワイドで攻めるべきか。悩むところです。
荒れるシルクロードSの対応策にぜひ使ってみてください。
→ 無料会員登録ページ
指数1位~6位までで馬券を組み立て3連単15万馬券を的中させたレース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です