猛省の宝塚記念

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

宝塚記念は前日本命の▲サトノクラウンが1着、2着が馬場回復で拾った△ゴールドアクターで、3着◎ミッキークイーンという結果。キタサンブラック以外に印を打ったのが前述の3頭だけで、キタサンを外した馬券を一切買っていなかったため、馬券は大外れ。うーん、これは取らないといけないレースだったなぁ・・・。少なくとも3連複は拾っておきたかったですね。この印を打ちながら実質キタサン本命みたいな買い方をしたのが完全に失敗でした。キタサンブラックに関してある程度時計がかかれば崩れないという認識だったので、早々に白旗を揚げたのが失敗でした。

キタサンブラックの敗因を考えてみると、やはりローテーション面が大きいのだと思います。武豊Jのコメントにもありますが、やはり3つ勝つのは難しいということです。大阪杯の予想でも触れていますが、競走馬のピークはやはり4歳で、5歳のG1 3連戦というのは相当厳しいといえます。テイエムオペラオーもゼンノロブロイも5歳時の秋は崩れました。春の3連戦は、間に3200mの天皇賞を含むだけに相当厳しいローテになりそうです。まして今年の天皇賞はレコード決着のレースですし、シュヴァルグランも好走できなかったところを見るとかなり厳しいレースだったのではないでしょうか。

来年以降の宝塚記念でも狙い目になりそうなのは、春にG1を一戦かつ直前んおG1を凡走している馬になりそうです。天皇賞→有馬のローテが一昔鉄板ローテになっていたように、大阪杯→宝塚記念のローテは侮れないローテになるかもしれませんね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR
  口コミランキングNo.1の実績!

 驚異の回収・的中率で最高77連勝!

    7/2(日) CBC賞(G3)
   【指数を無料で特別公開】

    詳しくはこちらから
PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です