金鯱賞予想

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ちょっと年度末で猛烈に忙しいので簡易版で。

今年からG1に昇格した大阪杯のステップレースの位置付けで、この時期に開催が変更になった金鯱賞。例年だと中日新聞杯が開催されていた時期になるが、G2となったことで格段にメンバーが揃った。

ヤマカツエース
前走の有馬記念では人気薄での4着激走。昨年は12月に開催された金鯱賞の覇者で、ロングスパート気味になりやすい中京2000mは合う。キンカメ産駒らしく、寒い時期の方が走るタイプなだけに、本番よりもここの方が狙い目か。

○サトノノブレス
G2、G3ならとにかく安定。昨年の中日新聞杯の覇者で、中京2000mは安定。有馬記念は距離が長かったので短縮での巻き返しに期待。

▲スズカデヴィアス
京都記念2着馬がようやく復調気配。前走のように溜める競馬ができれば、元々このメンバーでもやれる力がある馬。スロー気味で流れれば面白い。

内枠を引いたルージュバックを嫌って、大穴では前走の超ハイペースを番手からよく粘っているロードヴァンドールをあげてみたい。

◎ヤマカツエース
○サトノノブレス
▲スズカデヴィアス
△プロディガルサン、ステファノス、パドルウィール、ロードヴァンドール

馬券は◎=○▲=印の3連複で。

Pr【的中率もあって回収率もある競馬予想】

競馬予想で重要なことを、基本に返って考えてみます。

■競馬などギャンブルで勝つためには?

「配当金-購入金額=勝ち分」

この計算式が必要です。当たり前ですよね。

勝つためには、「当てなければいけません」 
これも当たり前ですよね。

1、的中率を求める:当たる確率が高いが低配当
2、回収率を求める:当たる確率が低いが高配当

1の的中率を求めると、
「低配当-購入金額=勝ち分極小もしくは負け」

2の回収率を求めると、
「高配当-購入金額=勝ちもしくは大勝ち」

ここまで単純に見るとわかるように、競馬予想で重要なのは最終的に、

「回収率」です!

ですが・・・、
■回収率を求めるデメリット
購入金額を大きく上回る
「高配当」を当てないといけない=的中が難しい。外れたら配当0円。

となる確率が高くなります。

つまり、
【負け辛い競馬をするなら】=的中率を求める。
【勝つ競馬をするなら】=回収率を求める。

僕の見解ではありますが、このように言ってもいいのかもしれません。

そこで誰しもが求める競馬は、【的中率もあって回収率もある競馬予想】

これを求めたときに勝負の鍵となるのが、

「JRA発表のオッズに左右されない予想ができるかどうか」

左右されない予想をするには、
・膨大な過去データからの予想
・直近の馬体情報(公に出ていない事が必須)
・何かの根拠がある穴馬予想

こんなところでしょうか。

この中でも真実味があるのが、
・膨大な過去データからの予想だと思ってます。

なぜなら、

過去のデータを集約できれば、そのレースで他競争馬と比較して、
「強い馬なのか。弱い馬なのか。」が、わかります。

つまり、「JRA発表のオッズに左右されません」
つまり、【的中率もあって回収率もある競馬予想】に近づけます。

ただ・・・

「さぁ今日から過去5年分くらいのすべての馬の血統、レース順位、状態、
全部のデータをまとめて、明日の予想をしよう!」
なんて無理ですよね。

だから僕は、過去の膨大なデータを集約して、
【的中率もあって回収率もある競馬予想】を実現させた
この競馬情報を使っています。
→ http://collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3291

数レース分と、今週なら12(日)阪神11R 報知杯フィリーズレビュー(G2)の
予想が無料なので、まずはチェックだけでもしてみて下さい。

馬券を買わなくても、週末のレースが、
このサイトの予想通りに進んだかどうかを見てみるのも面白いですよね。

他にも、全レース(3場開催なら72レース分)の予想や、
詳細な買い目提供・その根拠など、無料では提供しきれない
色んな情報が欲しい人は、月額1,980円だけで見れます。
数万円の他サイトを使う必要はありません。
この1,980円だけで正直なんでもできます。

まずは無料で使える部分をフルに使ってみて下さい。
→ http://collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3291

※メール送信後、返信メール内のURLをクリックしてサイトに入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です