ジャパンC展望

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

 

気づけばもうすぐ12月。馬券収支は現時点でほぼトントンでして、ここ数週の流れに乗って、何とかプラスに持っていきたいところです。

さて、ジャパンC。ジャパンCと言えば、外国馬が出走することでペースが読みにくく、タフな流れになることが多いというイメージだったのですが、最近は随分傾向が変わってきています。

まず1つは、外国馬の出走が少なくなっていること。硬い日本の馬場を嫌ってか、超一流外国馬の来日はほとんどなくなってきています。今年も登録の時点で3頭とかなり寂しい状況。ペースをかき乱す可能性は小さいと考えます。

2点めとしては、最近の競馬全体に言えることですが、スローペースの競馬が増えているという点です。折り合い重視の傾向が年々強くなっており、G1でもスローペースが多くなっています。

ジャパンCもスローペースが多くなってきており、2013年あたりはかなり遅い流れでした。スローの決め手勝負になると、斤量に利点のある牝馬の台頭が目立ってきますね。逆にエピファネイアが勝った2014年のようなタフなレースでは、1,2番人気に推された牝馬(ジェンティルドンナとハープスター)が人気を裏切る形となりました。今年は昨年以上に前に行く馬が少なく、キタサンブラックがすっとハナを奪うようならスローに落ちる可能性が高いのではないかと思っています。

今年の牝馬は日本馬ではビッシュとルージュバック。今のところ、穴候補として考えているのはルージュバックですが、枠順、馬場など注文がつく馬なので、直前までじっくりと判断したいと思います。ビッシュは馬場が渋るなら面白そうですけどね。日曜は降水確率70%となっていますので、馬場が渋るなら一考したいところです。

 

★★━━━━━━━━━━━━━━★★
    この秋、最高峰の一戦!

    ~ 国際G1競争 ~
  第36回 ジャパンカップ(G1)

   実力派の馬が揃う今回、
   上位人気の好走は必至。

 唯一、穴を開けれる馬といえば・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  「この1頭」しかいない!
     ▽     ▽
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3443
★★━━━━━━━━━━━━━━★★

【上位人気で不安視される馬とは!?】

キタサンブラック、ゴールドアクター、
リアルスティール、シュヴァルグラン、
ディーマジェスティ・・・

そうそうたるメンバーの戦いとなりますが、

【この中で惨敗する可能性大の馬が!】

2400Mながら、
厳しいペース・瞬発力が求められるこのレース。

適正的に付いてこれない実力馬とは一体!?

  ↓ 詳しくはこちらから ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3443

 ─────────────
  競馬の的中は簡単で難しい
 ─────────────

競馬の的中はそんな難しいものではありません。

実際、私達の予想法は、

 “超シンプル”で“超基本に忠実”

そりゃー、細かい調教の具合や、
トレセンでの情報を知っている事は、
競馬ファンより有利かもしれません。

ですが、ほぼあなたが行っている予想と大差ないでしょう。

違う事と言えば・・・

『異常な程、細かく予想している』事です。

競馬ファンのウン倍もの時間をかけて予想しています。

それが、プロと競馬ファンの
決定的な違いでしょう。

では、どれ程の違いがあるのか?

その事を
ジャパンカップの予想を通して体感してもらいましょう!

もちろん、お金をいただこうなんて思っていませんよ。

“完全無料”で根拠尽くしの予想を用意しています!
↓ ↓ ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/gets/?ad_id=3443

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です