天皇賞回顧~モーリス評価下げで✕○◎3連複押さえのみ的中~

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

天皇賞は✕○◎でなんとか引っ掛けました。モーリスは評価下げで、馬連中心に買ったので押さえ評価でしたが、配当がそこそこついてくれたので、レース単体でも十分にプラスに。土日共に的中でき、久しぶりに良い週末でした。年間プラスも見えてきたので、あと2ヶ月頑張りたいところです。

【天皇賞・秋】

エイシンヒカリがもっと飛ばすかと思ったんですが、思ったほど行かず1000mは60.8。時計がかかる馬場だったので、ドスローとまではいきませんが、前後差2.3秒だったことを見てもスローの部類に入る流れでした。馬場は日曜になって外の方が伸びていた印象で、天皇賞も早めに外に持ち出したモーリス、後方から外を回したリアルスティールステファノスが2,3着。毎日王冠とは対照的に、内を突くことになったアンビシャスは伸びきれず4着でした。ルージュバックは、本来こういう流れならもう少し走れても良いところだとは思いますが、直線入り口でデムーロに蓋をされてしまい、行き場を無くしてしまいました。毎日王冠1,2着馬が進路を確保しきれずに敗れて、毎日王冠5着で内で詰まっていたステファノスが外枠から巻き返すという、綺麗に出し入れが成立したレースとなりました。

モーリスは2000mでタフな馬場になるとパフォーマンスを落とすと見ていたのですが、あざ笑うかのような快勝。馬場の伸びるところをきっちり走らせるムーアJはさすがですね。ペースが緩んで決め手を要求される競馬になったことも大きかったように思います。個人的には、現役時代好きだったグラスワンダーの血統が繋がっていくのは非常に嬉しいです。

リアルスティールは毎日王冠をパスしたことが吉とでたのか、うまく間に合わせてきました。無理せずいつもよりも若干後方からの競馬となりましたが、上がり最速をマーク。もう少しペースが速くても対応できる馬ですし、競馬の幅が広がったように思います。デムーロJとも合いますね。ここがベストの条件だっただけに、JCを使うかどうか。2400mになると若干甘くなる懸念はあります。

ステファノスは、後方から無理をせずに直線も外に出す競馬。去年もそうだったように、直線で前が開いた状態でじっくり加速する距離が確保できる方が良さそうです。こちらもリアルスティールに近いタイプで2400mになると微妙。

アンビシャスは、内を突かざるをえない展開となってしまった点が残念。スムーズなら3着争いに加わっていたでしょうか。ペースはもっと上がってくれた方がいいですね。

ルージュバックは馬体減もありましたが、今日の流れならもう少し上位に来てほしかったところ。やや揉まれ弱いところがあるようなので、外枠の方が良さそうですね。上位馬で2400m得意な馬が少ないのでJCを使ってくれば巻き返すチャンスはあると思います。

エイシンヒカリは、ちょっと溜め逃げしすぎたかな。スローで逃げるにしてももう少し早めにスパートして後続に脚を使わせるような競馬をしないと厳しいですね。

ラブリーデイは、時計がかかる馬場も合わなかったとは思いますが、昨年使いすぎたこともあり、衰えが顕著。もうG1で買うことはないかなぁ。。。

瞬発力寄りの勝負になったことで4歳、5歳が上位を独占。基本的に天皇賞は5歳までが強いレースですので、来年以降も若い馬中心で良さそうです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ◆アルゼンチン共和国杯◆

   基本は実力馬狙いが正解
    
      そして・・・

 穴馬の好走条件は決まっている!

つまり、
“少点数”で“簡単に獲れる”
このレースは、見逃し厳禁という事です!
   ↓   ↓   ↓
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3443 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ■──────────■
    4人のプロ予想家が
  あなたが体験した事の無い
    競馬予想を届けます
  ■──────────■

一体、プロと競馬ファンとは何が違うのか?

ズバリ、見ている視点です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プロならではの視点で、
予想するからこそ、穴馬だって的中させる事ができます。

プロからすれば、穴馬は穴馬ではなく、
そのレースで勝つ馬を選んでいるにすぎないのです。

それは、
あなたがこれまで体験した事のない競馬。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そう言っても過言ではありません。

私達のサイトには4人の専属予想家がいます。

・競馬暦23年の予想家
・血統のスペシャリスト
・業界に精通した情報通
・トレセンに詳しい競馬新聞の記者

TV、雑誌、新聞などで活躍している、
プロと呼べる実力の持ち主です。

今回のアルゼンチン共和国杯は、

まさにプロの実力を発揮できる絶好の舞台!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プロの的中の獲り方をアルゼンチン共和国杯を通して、
全て、余すことなく『無料』でお伝えします。

プロの予想法は今後のあなたの競馬人生においても、
絶対に役に立つ知識でしょう。

予想はこちらからご覧になれます。
↓↓↓
http://www.hicchu.net/tekichu/gets/?ad_id=3443 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です