小倉記念回顧~△◎無~で3連複拾えず。。

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

小倉記念は久しぶりに直線で熱くなれたのですが、最後に○のマーティンボロが失速して5着。マーティンボロは、最後直線でだいぶヨレていたので、もう少しまっすぐ走れていればという内容でした。1着の人気薄クランモンタナを拾えていただけに悔しいところですね。

それにしても、いつもは◎からオッズがつくところの馬連は押さえることが多いのですが、こういう時に限って買っていないあたり予想も買い方もかなり雑になっているように思います。今日は年間何回かある取らなければいけないレースの1つだったなぁ。。。3連系はともかく、馬連は拾っておかないと。

【小倉記念回顧】

今年の小倉は昨年と同等かそれ以上に時計がかかっていて、数年前の高速馬場は影を潜めています。小倉記念といえば、1分58秒を切るぐらいが普通ですが、今日は2分をこえてきました。高齢馬が上位に来れたのも、馬場の影響が大きかったと思っています。

勝ったクランモンタナは、とにかく道中から和田Jの手が動いていて、ずっと追い通しの競馬でした。コメントにもあるように、相当ズブくなっているようなので、和田Jのように長く追える騎手でないと厳しそうですね。1000m60.5とスロー気味に入ってからのロングスパート戦になったのが向きました。

ベルーフは4角でかなり外を回すことになりながらの2着。こちらは上がりがかかって差し込めるレースが向くタイプで、2年連続2着のここは余程条件が合うのでしょう。高速馬場だと昨年のようなハイペースにならないと厳しいですが、今年のように時計がかかってくれると平均ペースでも差し込めそうです。瞬発力勝負になると怪しいですね。

3着エキストラエンドは、元々後傾ラップでの持続力勝負は得意としていた馬なので、この好走には納得。歳を重ねてマイルでややスピード不足を露呈するようになってきたので延長も時計がかかる馬場も向いたのだと思います。

4着ダコールは、マーティンボロの影響で不利。8歳ながら安定していますし、しばらく堅実に走りそうです。

サトノラーゼンについては、高速馬場でじっくり脚を溜めるレースが向くと思うので、今日のような中盤から動くレースはあまりよくないのかもしれませんね。ただ、追い切りも動いていて状態面は上がってきていると思うので、巻き返すチャンスはありそうです。

【PR】年間獲得金1000万円超えの実力は本物!
すぐに予想を取得できます!(無料)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です