大阪杯回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今週は惨敗でした。ダービー卿CTはちょっと狙いすぎました。勝ったマジックタイムは前走本命でしたが、中山実績はなかったので△評価にしました。本格化したハーツクライということで、得意の東京コースに戻ってヴィクトリアマイルも楽しみですね。

<大阪杯回顧>

61.1-58.2

とスローの後半勝負で、ラスト4Fが12.1だったので、実質3F勝負になりました。上がり3F33.6では、後方の馬には厳しかったですね。横山Jにやられた~というのがレース直後の感想でした。個人的にはヌーヴォレコルトの岩田Jの動き出しが遅かったように思いました。この馬とマイネルラクリマが蓋をしてしまって、前の2頭に楽させてしまった印象です。岩田J、やはり今年は今ひとつ乗れていませんね。

アンビシャス
こういう癖のある馬を先行させて快勝というのが横山Jらしいですね。お見事。馬自体も若干かかり気味になりながらも我慢して、3F33.4の脚を披露。これで今後のG1戦線でも楽しみになりました。安田記念あたりでも勝てそうですが、天皇賞目標で行くようですね。

キタサンブラック
武豊Jがうまくペースを落とす競馬で、3F勝負に持って行っての2着。高速馬場だったとはいえ、自身最速の33.6の脚を使っており、今後も侮れない馬になりそう。ただ、ここまでの一連のレースでは、ゆったりと息が入って自分の競馬をさせてもらっているので、流れが厳しくなったときにどうか。天皇賞は距離自体は持つと思いますが、4F勝負になったときが課題になりそうです。

ショウナンパンドラ
今日は中団からの競馬で、56キロならがら最後もきっちり脚を使っており、今年も楽しみな1頭になった。ただ、マイルは幾分短い印象なので、ヴィクトリアマイルでは、外枠を引いたらポカもあり得るかも。

ラブリーデイ
スタートはそこそこもヌーヴォレコルトに前に来られてしまい中団の競馬に。差す競馬ではディープ産駒には見劣ってしまいました。今日は内枠が今ひとつだったですね。昨年がピークだったので、今年は得意条件でもうまく乗らないと取りこぼしがありそうです。

ヌーヴォレコルト
仕掛けのタイミングが悪く、上がりの競馬でキレ負けした印象。ずっと堅実に走ってきた馬だけど、そろそろ能力的には陰りが見えてくるところでしょうか。

来週は再びG1桜花賞!今年から阪神牝馬Sがマイルに戻るので、桜花賞の参考になりそうです。メジャーエンブレムが圧倒的人気になりそうですが、新興勢力との対戦が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です