函館スプリントS予想

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

土曜の馬場&函館スプリントS危険馬 の続きになります。

【函館スプリントS】 勝負度B

<展開>
土曜を見る限り、今年の函館は例年よりも軽い作りで、時計は出そうな馬場。レコードの1分8秒を切るぐらいの時計になりそうだ。1200mらしく前に行きたい馬が揃ったものの、スタートはやはりアンバルブライベンが速い。ただ、アンバルブライベンが逃げた場合、田中健騎手のオーバーリアクションも手伝って意外と前半3Fは速くならないことが多い。今回も33.9-34.0ぐらいで、ある程度の決め手が要求される競馬になりそうだ。

アンバルブライベン
高松宮記念は直線の坂、稍重の馬場の影響もありあっさり沈んだが、それまでの連勝の内容は本格化を裏付けるものだった。57キロでオープン2着、55.5キロでシルクロードS勝ちの内容から、56キロなら何とかこなせそうだ。今回もハナを主張すればそこまで競り合いは激しくならないと見る。前述のシルクロードSが33.9-34.0の逃げ切りで、バランスのいいラップで逃げた時の粘り腰は相当のもの。開幕週の馬場アシストがあれば逃げ粘り濃厚とみた。

サトノデプロマット
前走の船橋Sが33.4-34.0と中山としては決め手が要求されたレース。時計、上がり共に優秀で、内の馬を見ながらすっと好位が取れれば、昇級後いきなりでも通用する可能性は高いと見た。

セイコーライコウ
昨年の4着馬。8歳ながらレース数が少なく、昨年も重賞で馬券に絡んでいるように能力的な衰えはない。アンバルブライベンが引っ張ったシルクロードSで3着があり、うまく馬群を捌けば今回もチャンスがありそう。

穴では、軽い馬場得意なスギノエンデバー。時計のかかる馬場で前残り馬場ならいらないと思ったが、比較的時計の出る馬場で鞍上岩田騎手なら不気味。人気どころではラップ的に合いそうなローブティサージュとティーハーフ。コパノリチャードは「土曜の馬場&函館スプリントS危険馬」でも書いたように、この距離でこの並びだと2,3番手の位置を取れないと見てバッサリ消す。

◎アンバルブライベン
○サトノデプロマット
▲セイコーライコウ
注スギノエンデバー
△ローブティサージュ、ティーハーフ

馬券は◎=○▲注に馬連、◎=○▲=印の3連複で。

[PR]
突然ですが一つ質問です。

みなさんは競馬の予想をする時に、馬主の勝負度合いや
意向を意識していますか?

おそらく多くの方が「No」だと思います。

確かに馬主は騎手や調教師と違って顔が見える訳ではないし、
どのように馬主の勝負度合いを読み取ったら良いかわからないですよね。

そこで参考にして頂きたいのがスマートウィン

馬主やトレセン関係者に太いパイプを持っており、
馬主の勝負度合いや意向を把握して予想を出しています。

本当にすごいですよ。

しかし、みなさんは疑問に思われるのではないでしょうか。

「馬主って馬を預けているだけだから
勝負度合いとか関係ないんじゃないの?
と。

はっきり言います。

それは違います。

馬主も人間ですし、いろいろな利害関係を持っているのです。

例えば各競馬場に馬主協会というものがあります。

そこに所属している馬主がその競馬場で馬を走らせるとしたら
どうしますか?
やはりプライドがありますし、いつもより勝負度合いは大きくなりますよね?

さらに、馬主は年に何度かある「セール」で馬を購入する事が大半です。

当然ですが
「狙っているセールの前には資金が欲しい」
という目的が出てきます。

そのためには今所有している馬で
賞金を稼がなければいけません。

狙っているセールの前に出走させる馬は
勝負度合いが高くなる
のは当然でしょう。

このように、「馬主の勝負度合い、意向」を無視して
競馬の予想をするのは、的中率を上げるチャンスを
みすみす逃しているようなものです。

今週の「馬主の勝負度合い、意向」を見る(メールアドレスのみで見れます)!

先週も、その「馬主の勝負度合い、意向」をくみ取って
見事的中させていました。

その予想がコチラ

———————————-
オーナーズフェスティバル

2015/6/14 13:15発走
阪神7R 3歳上500万下

◎10サンタエヴィータ
○ 8ココ
▲ 3クロカミノオトメ
△ 7メイショウブーケ
△ 5オーシャンブルグ
☆11アドマイヤシャイ

馬単 10-11  184.6倍的中(5点)
3連複 8-10-11   82.8倍的中(10点)
3連単 10-11-8  936.7倍的中(20点)

■推奨買い目モデル■
馬連 10⇒3.5.7.8.11
馬単 10⇔3.5.7.8.11
3連複/3連単軸1頭流し
1着 10⇒3.5.7.8.11

■詳細■
【人気の盲点】サンタエヴィータに妙味ありと見たい。
ケガによる長期休養を余儀なくされてキャリアはまだ浅い4歳馬。
前走は人気しながら敗退したものの、揉まれこんだことが敗因は明らか。
手の合う川田騎手に鞍上を戻してスムーズに運べればこのクラスは楽に卒業できる器。
メイショウブーケやオーシャンブルグといった降級馬の力も侮れないが、
アドマイヤシャイやココといった軽量3歳馬には特に注意したい。
特にアドマイヤシャイは阪神地元の重鎮、近藤オーナーの所有馬。
今週は9頭と大挙出走をかけ勝負をかけているだけに注目しておきたいところ。

まずはスムーズに運べた際のサンタエヴィータの走りをとくと拝見したい。

———————————-

予想の詳細の中に
「特にアドマイヤシャイは阪神地元の重鎮、近藤オーナーの所有馬。
今週は9頭と大挙出走をかけ勝負をかけているだけに注目しておきたいところ」

と書いてありますよね?

これが「馬主の勝負度合い、意向」なんです。

結果は見事に3連単936倍的中。

今週から、是非、みなさんの予想の中に「馬主の勝負度合い、意向」
という要素を少しでも入れてみてください。

的中率が違ってくるという実感を
持ってもらえるはずです!

今週も阪神が地元のあの馬主が勝負をかけてくるという
情報が・・・

スマートウィンの「馬主の勝負度合い、意向」を
見極める力は本当にすごいので、一度
試してみてください!

本当にすごいですよ。

今週の「馬主の勝負度合い、意向」を見る(メールアドレスのみで見れます)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です