週刊競馬ニュース(1/14)

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ちょっと忙しいので、平日はゆっくり競馬を考える時間がありません。今週は京成杯の方が面白そうかなぁ。日経新春杯は主役が今ひとつで難しそうですね。

競馬ファンに朗報!凱旋門賞の馬券、日本で買える!!(サンスポ)
競馬法改正案を国会に提出とのことなので、成立すれば海外のビッグレースが買えるようになるようです。日本馬を応援するもよし、適性の高そうな外国馬を買うもよしで、馬券を買う楽しみが増えそうですね。

トーセンラー引退、種牡馬に(ラジオNIKKEI)
1600mでG1勝ちがありながら、3200mでも2着があり、幅広い距離適性を示した馬。兄弟も走っている名牝系ですし、種牡馬としてもある程度安価に抑えれられれば種付け頭数が期待できそうですね。

【NARグランプリ】年度代表馬はサミットストーン(船橋)に(ラジオNIKKEI)
重賞は浦和記念だけでしたが、東京大賞典は3着と大健闘。最近地方馬の活躍は今ひとつですが、そろそろ中央馬と互角に渡り合える地方馬が出てきて欲しいですね。

コパノリッキー 武豊と新コンビ、東海SからG1へ(スポニチ)
ゴールドアリュール産駒といえば、武豊騎手が主戦だったスマートファルコンが印象深いですね。同じ逃げ馬ですが、コパノリッキーは溜めた方が良さそうな馬。武豊騎手がどう乗るか注目です。

ロゴタイプ砂転向 根岸S→フェブラリーS挑戦(スポニチ)
ダートはあまり合わないように思いますが、どうなんでしょう?中山金杯で復調気配が見えただけに個人的にはもったいないと思います。フェブラリーSなら消しですかね。

[PR]

すみません!どうしても伝えておかなければいけない事があります。
「今週末の重賞は波乱率80%超!」
これだけは最初にお伝えしておきます!
今週は例年、人気馬実力馬が集まる日経新春杯(G2)。
そして大波乱確定レース、京阪杯(G3)の2つが開催。
今年はこの両レースで何かが起こる!?
各関係者が口を揃えて言うほど、
波乱含みな2日間!
日経新春杯には「ある一定の●●」があり、
京阪杯にも波乱が起こる特徴・毎年の共通点がある!
それを知るだけでアナタの的中率は飛躍的にアップ!
そんな今週限定の秘蔵情報、期間限定無料公開中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です