【菊花賞】キングカメハメハ産駒

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今回の菊花賞のポイントの1つになりそうなのが、キンカメ産駒の取捨。今回はトゥザワールド、タガノグランパの2頭が出走します。

キンカメ産駒の距離別の成績です。%は左から勝率、連対率、複勝率。長距離はもっと悪いと思っていましたが、意外と健闘していますね。2500m超の大半は2600mです。<12-11-5-73>

あまりステイヤーのイメージがありませんが、卒なく距離をこなす優秀な種牡馬なんですね。

kinkame

上記のデータからも父だけでバッサリとはいきづらくなりましたので、この2頭の取捨について個別に考えてみることにします。

トゥザワールド(母父サンデーサイレンス、母トゥザヴィクトリー、兄トゥザグローリー)
皐月賞2着、ダービー5着。ある程度前で競馬できるけど、決め手はほどほどの馬。瞬発力勝負のダービーで負けて、内回りのセントライト記念で巻き返しているあたりからも、加減速の少ない中距離の持続力勝負向けでないだろうか。兄は天皇賞を1番人気13着と敗れているように、距離が伸びるのはプラスではない。京都で上がりが速くなるのは避けたいので、ある程度好位を取りたいだけに、この枠はマイナス。外を回るようだと人気を裏切るシーンも。

タガノグランパ(母父スペシャルウィーク)
皐月賞は17着も、ダービーではトゥザワールドに先着する4着。セントライト記念でも3着し、ダービーがフロックでないことを示した。1400mの重賞を勝っている馬だけに、距離延長でどこまでやれるかは未知。母父スペシャルウィークでどれだけスタミナを補充できているか。人気はそれほどなさそうだが、トゥザワールドに再度先着する可能性はそこそこ高いと思う。

2頭が好走したセントライト記念はレースレベル自体は高かったですが、小回りの持続力勝負で、中距離適性が問われたレースだと思っています。中盤緩んでのロングスパートになる菊花賞とは少しズレているのではないかと考えます。2頭とも積極的に買いたいとは思いませんので、△✕あたりの印ですかね。

[PR]

第75回 菊花賞(G1)

ワンアンドオンリーは大丈夫なのか?
トゥザワールドの巻き返しはあるのか?

そして……
淀3000mで覚醒する波乱の立役者とは?

3歳クラシックの事はダービージョッキーに聞け!

ダービージョッキー大西直宏の
菊花賞・衝撃◎○(穴)

今すぐコチラで確認してください

先週も◎○1点目から万券的中! 3歳クラシックも連勝中!

第19回 秋華賞(G1)
◎ショウナンパンドラ
○ヌーヴォレコルト
△タガノエトワール
馬連1点目:630円 的中!
3連複:1940円 的中!
3連単:1万2790円 的中!

第81回 日本ダービー(G1)
◎ワンアンドオンリー
△イスラボニータ
△マイネルフロスト
馬単:1860円 的中!
馬連:850円 的中!
3連複:2万7470円 的中!
3連単:10万3300円 的中!

第74回 桜花賞(G1)
◎ハープスター
馬連1点目:370円
3連複1点目:1310円
3連単:2540円

第75回オークス(G1)
◎ハープスター
馬連2点目:380円
3連複:1530円

第74回 皐月賞(G1)
◎トゥザワールド
馬連:920円

菊花賞の◎○(穴)もお見逃しなく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です