CBC賞展望

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

中京1200mのポイントを挙げてみると、

(1)時計はかかり気味。例年通りなら1分8秒台の決着で、高速馬場に対応するスピードはそれほど必要ない。
(2)ペースはそれほど上がらない。
(3)コーナーにバンクがあるので、基本的に外枠有利のコース形態。

特に(2)がポイントかと思います。マジンプロスパーが1200重賞で馬券に絡んだのは、CBC賞だけなんですよね。前半のペースがそれほど上がらず、1200m特有の消耗戦というよりも、1400m寄りの持続力が求められるレースなのだと思います。

中京1200mのオープンクラスで見てみても、前半3Fが34秒を切ったのは1度しかありません。最後の直線を意識するのと、1ハロン目が上り坂でコーナーまでが近いというコース特性が原因でしょうか。3,4コーナーにかけては、コーナーにバンクがあるため、外枠の馬がスムーズに加速しやすいコース形態になっています。開幕週でも極端に内有利にはなりにくいでしょう。

ベルカントは、1400mをバランスの良いラップで逃げ切っていますので、普通に有力かと思います。速い上がりを使えるかどうかは微妙なところですが、52キロの斤量利もありますので、34秒台後半ならまとめられるのではないでしょうか。

ルナフォンターナも1200mの後傾寄りのレースを快勝してきており、ここへの適性もありそう。いきなりの55キロは少し見込まれたか。

今年は意外と荒れないですかね。穴狙いならラジオNIKKEI賞の方が面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です