週刊競馬ニュース(9/6)

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今週は故障のニュースが多かったですね。
スマートファルコン電撃引退…種牡馬に(デイリースポーツ)
結局中央競馬のG1を走らないまま引退・・・。2000mダートを2分0秒4という芝並の時計で圧勝したのは衝撃でした。交流重賞19勝という記録は当分打ち破られそうにありません。カネヒキリが意外と人気しているということもあるので、種付け料が安ければ種牡馬としてもそこそこ人気しそうですね。
ワールドエース屈腱炎 今後プラン白紙(日刊スポーツ)
重度ではないということですが、競走能力をどこまで維持できるでしょうか。ディープインパクト産駒の中でも、父ディープに最も近いと言われていた馬だけに非常に残念ですね。
ダービー3着のトーセンホマレボシ屈けん炎、引退へ(スポーツ報知)
菊での本命候補が引退。春に高速馬場で駆けたことの代償でしょうか。トーセンジョーダンの弟という血統背景もありますので、種牡馬になれるといいですね。
アダムスピーク右前脚屈腱炎…全治不明、放牧へ(スポニチ)
高速芝のダービーの影響でしょうか、3歳世代の故障が本当に多いです。夏競馬で大躍進して、強い世代の印象を持っていた世代だけに非常に残念ですね。
アグネスワールドが死ぬ 17歳(日刊スポーツ)
もうアグネスワールドも17歳だったのか。ダンチヒ系のスピード馬なので、もう少し活躍馬を出すかと思いましたが、代表産駒はアグネスジェダイとカズサラインぐらいでした。
ハギノカムイオー 33歳、とても元気です(日刊スポーツ)
まだ生きていたのかという微笑ましいニュース(笑)。人間でいうと110歳・・・。自分とほぼ同い年の馬がいるという事実に驚きです。
フランケル凱旋門賞への参戦消滅(日刊スポーツ)
当初の予定通りチャンピオンSということで、無難な選択でしょう。オルフェーヴルとの直接対決が見られなくなったことは残念ですが、引退レースも圧勝で飾って欲しいものです。
【稲妻特別】(新潟)~エバーローズ 5馬身差で圧勝(ラジオNIKKEI)
ウインクリューガー×スピードワールドというダビスタのような血統が渋すぎるので敢えて取り上げてみました。今年のパドトロワの勝ち時計が54.2で、この馬は2戦を54.0、54.1で共に圧勝。1000mでこれだけの差をつける馬もあまり見たことがありません。上がり3Fを31.8でまとめており、中央場所でどんな競馬をするのか一度見てみたい気もします。京都あたりなら普通に圧勝できそう。
セントウルSの現時点での本命は堅いですがこの馬。→人気ブログランキングへ
ペースがそれほど速くならない阪神1200mはおそらく絶好の舞台。
【オススメ】
まずは、無料でお試しください。
ただ単に買い目だけを送りつけてくる…
もしくは、
有料への勧誘のみのメルマガ…
なぜあなたは競馬情報にムダ金を使い続けるのですか?
もっとしっかりした分析や予想を聞きたい
競馬新聞の内容だけでは物足りない
そんな貴方は、このサイトとの出会いによって競馬が変わるはずです。
※無料で毎週土日、1日厳選1鞍ずつ、無期限提供します。
 レース分析&当日予想が永久無料で試せます。
※レース前日の午後8時よりご覧頂けます。
今週もこのサイトの予想陣による無料予想レースがあります。
土曜日:中山11R 紫苑S
日曜日:阪神11R セントウルS(G2)
現在27,856人が楽しみにしている
この無料予想を手に入れるのは非常に簡単です。
フォームにニックネームとメールアドレスを入力し
送信ボタンを押して頂くだけです。
もちろん、不要な場合はいつでも配信解除できます。
無料お試しは今すぐこちらから!
札幌記念で1着のフミノイマージンを、その週の火曜日の
時点で太宰騎手に乗り手を戻すから上位人気に付けいる隙があると語っていた、
江戸川さんのレース分析をサイトに記載していますので
ぜひ、ご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です