週刊競馬ニュース(8/8)

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今週はニュースが少なめですね。
オリンピックで盛り上がっているので、競馬どころじゃない人も多そう。
トライアンフ脚部不安のため関屋記念回避(日刊スポーツ)
関屋記念では1番人気に支持されそうな馬だっただけに残念。ハ行の症状ということなので、大したことはなさそうなのが何よりです。秋には復帰して欲しいですね。また、同様に関屋記念でそこそこ人気が予想されていたミッキードリームも夏負けで回避とのこと。
「SSに似てる」アイルハヴアナザー来た(日刊スポーツ)
米2冠馬が日本で種牡馬入り。久しぶりの米国からの大物だけに楽しみですね。フォーティーナイナーの系統と言えばエンドスウィープの成功もあるので、なかなか面白そう。父がトーセンラーの半兄で、日本への適性はありそうです。
ホマレボシ菊”ピンチ” 池江師「調整遅れている」(スポニチ)
ダービー終了時点では菊はこの馬に本命の予定だっただけに残念。ぶっつけだとさすがに買いたくないなぁ。
ダービー馬ロジユニヴァース、札幌記念で2年ぶりの復帰へ(netkeiba)
まだキャリアはわずか9戦。2年ぶりの復帰で初戦からは厳しいでしょうが、ダービー馬の復活は楽しみですね。能力がどこまで維持できているか。
<次走報>
アーネストリー → 天皇賞
エクスペディション → 新潟記念
トーセンラー → 新潟記念
ナリタクリスタル → 新潟記念
ワールドエース → セントライト記念 or 神戸新聞杯
マウントシャスタ → セントライト記念 or 神戸新聞杯
ショウリュウムーン → スワンSからマイルCS
エイシンアポロン → 毎日王冠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です