ハーツクライは長い直線が苦手説

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ハーツクライ産駒という記事で、2歳戦のハーツクライ産駒の活躍がもの凄いということを書いた。丁度秋の東京・京都開催が始まる前で、長い直線になってハーツクライ産駒が猛威を振るうを思っていた人も多かったはず。ところが、京都開幕週のリフトザウイングスを最後に、ハーツクライ産駒の勝ち鞍はなくなった。種牡馬同期デビューのディープにも完敗の現状である。
場所別に見ると興味深いデータがある
札幌<2-1-0-1>
函館<0-1-1-1>
福島<0-0-1-0>
中山<2-2-0-3>
阪神<4-2-0-2>
小倉<4-2-1-1>
東京<0-3-2-17>
京都<1-3-5-22>
新潟<1-0-1-4>

阪神外回りを除く、直線の長いコースの成績がひどい。
さらに細かく見ていくと、興味深いデータが浮かび上がる。
新潟
直線<1-0-1-0>
外回<0-0-0-4>
京都
内回り<1-3-2-15>
外回り<0-0-3-6>

東京、京都開催で失速したので、「早熟説」「夏馬説」が浮上しそうだったが、京都の内回り、外回りの成績を見ると、「長い直線が苦手説」が一番しっくり来るような気がする。
「東京・京都で切れ負けしたハーツクライ産駒を狙え!」作戦はいかが?
手始めに今週の狙い馬を3頭挙げてみる。
土曜中山9葉牡丹賞 トーセンケイトゥー
日曜小倉3未勝利 ムーンパイロット
日曜中山3未勝利 マイネルシュライ

2 Responses

  1. hiro より:

    これだけ綺麗なデータが並ぶと説得力ある仮説ですね~
    覚えておこっと^^

  2. ニセ掃除係 より:

    というか、ここまで綺麗だと逆に気持ち悪いです(笑)
    φ(、、メモメモ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です