アルゼンチン共和国杯回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

アルゼンチン共和国杯は完敗。
騎手で評価を下げた馬に上位3頭を独占されてしまいました。
ラストを除くと一番遅いのが12.3で息の入りにくい厳しいレース。上がり4Fでも極端な加速は生じない平坦戦。末脚の持続力を求められたレースだった。
トーセンジョーダン
元々瞬発力勝負よりも、持続力勝負の方が得意なタイプだけに、今年の流れは向いたように思う。ただ、2000mならともかく、2500mでも同じ競馬ができたのは収穫。内が伸びる馬場で内枠を生かすことなく早めに外に出しての完勝。距離に目処が立ったので、有馬記念なら楽しみな存在になった。瞬発力勝負では一線級相手では足りない気がするので、秋天やJCなら割引か。
ジャミール
2000mでは瞬発力不足を露呈していただけに、距離延長は向いた。2400m以上で極端に上がりがかからない競馬が現状ベスト。ただ、1キロ重い57キロのトーセンジョーダンに完敗の内容からもG1戦線だとちょっと足りなさそう。
コスモヘレノス
父グラスワンダーに、母父がエリシオ。エリシオ産駒は目黒記念を連覇したポップロックがいたし、血統的な適性が高かったのだろう。ある程度上がりのかかる競馬では今後も出番がありそうな穴馬。
スリーオリオン
先行してツメが甘い。まだ、重賞で人気に応えるほどの力は付けていない。使える脚が短いので東京コースよりも短いコースが合いそう。
トウショウウェイヴ
追ってから伸びていないことからも2500mは長いようだ。ペースの緩んだ2000m~2400mがベスト。
トリビュートソング
後ろから行きすぎ、というか後ろからしか行けないタイプか。もうちょっとペースが緩まないと追走にも苦労している。今後も重賞クラスだと狙いどころが難しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です