ジャパンC回顧~展開は読み通りも~

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ジャパンCは、残り1000m付近から加速して、残り3Fのところで1.0の強力な加速と、瞬発力が求められるレースだった。ブエナビスタが降着となって少し後味の悪いレース。外国勢はやっぱり役不足で、日本で勝負になるにはもう少し血統面で適性があるか、中距離で活躍するスピードがある馬じゃないと厳しいだろう。
ローズキングダム
前が塞がるレースになりながらの2番手入線はさすが。瞬発力勝負の適性が高いのはわかっていたが、神戸新聞杯→菊のローテでかなり消耗していると見て評価を下げてしまった。思えば、神戸新聞杯も菊もスローの流れだったので、消耗度としては天皇賞組の方が大きかったのかも。今後も瞬発力勝負では上位の存在、速いペースになって同じような脚が使えるかが課題となりそう。
ブエナビスタ
残念な結果になったが、上がり33.5の瞬発力はさすがで、東京コースでは安定している。この秋は春と比べて追い切りをしっかりできており、状態面でも充実度も大きいのだろう。広いコースでの安定感は抜群だが、取りこぼしがあるのは小回りコースが多い。有馬記念ではもう1回2,3着付の馬券を買ってみたくなる。
ヴィクトワールピサ
瞬発力のなさと、ネオユニヴァース産駒の早熟性が気になって評価を下げたが、まだ終わった馬でないところを見せた。今回は2番手につけて瞬発力不足を補ったギュイヨン騎手の好騎乗。海外で凡走して消耗度という意味ではナカヤマフェスタよりも少なかったか。有馬記念は、JCよりも舞台は向くが、秋4戦目となるので消耗度の面で心配。今後もスローの瞬発力勝負になるトライアルでは取りこぼしがありそうな馬。
ジャガーメイル
抜群に切れるタイプではないので、もう少し前で競馬できないと厳しい。このペースで外を回しては掲示板がやっとだろう。今回もスタート後に前に行こうとしたが、行けなかっただけに完全にステイヤーになってきてしまっている印象。
ペルーサ
再度出遅れ。今回はスタートで待たされたことが響いたか。スローの瞬発力勝負だと脚質的に取りこぼしが多くなりそう。昨年のJCのようなペースアップが見込めるレースなら東京2400mでもやれる。常に人気するので今後も嫌う方が多くなりそうだが。
エイシンフラッシュ
ラスト5Fだけ見ると神戸新聞杯と同じような内容で、もう少しやれると思ったんだが。前半がダービーや神戸新聞杯よりも速く流れたのに、2番手で競馬した分、前半で脚を使ってしまったか。日本の他のキングズベスト産駒は中距離馬が多いし、この馬案外スタミナがないのかも。今回は順調さを欠いた上での敗戦なので、評価は保留としたいが、今後も2400m以上のレースでペースアップしそうなら軽視するのも手か。
オウケンブルースリ
08年、09年と出走し、スローの08年で凡走、昨年2着の内容からも底力勝負でないと本領発揮できないタイプ。今年の流れは不向きだった。年齢的には今年がラストチャンスだったかな。最近のG1はなかなか底力勝負にならないのが不運。
ナカヤマフェスタ
力の要る馬場の方が合うのだろうが、それにしても負けすぎ。直前まで出否を迷っていたように、体調面がいまひとつだったのだろう。こちらもオウケンブルースリ同様瞬発力よりも底力に優れたタイプ。JCよりも有馬記念の方が向きそう。

2件のフィードバック

  1. polotan より:

    はいおかげさまで見事3連複7点で射止めました 自信なかったのでいつもより点数抑えたのが功を奏したようです
    審議の間はブエナ2着降着でも3連複なので関係ないのですが、ムダにドキドキしてしまいました(笑)TV中継終わるし(怒)
    Twitterをアカウント作成しましたので早速フォローさせていただきましたので今後ともよろしくお願いします

  2. るなぱーく より:

    3連複お見事です。Twitterの方もフォローさせていただきますね。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です