[富士S] ◎リザーブカード

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

富士Sは、東京新聞杯と同様でG1クラスの安田記念よりも道中のペースが緩みやすく、サンデーを代表とする瞬発力勝負に強い馬が来るレース。1,2番人気のリルダヴァル、ダノンヨーヨーは瞬発力にも対応できるが、そこそこ人気しそうなサンカルロ、ショウワモダン、マイネルファルケあたりは、瞬発力は不足していて持続力勝負や消耗戦になってこその馬。スピリタスあたりも追い切り軽めでギリギリ間に合わせた印象で、リルダヴァルが中1週で圧倒的人気を背負うようなら波乱の目を狙ってみたい。
リザーブカード
左回りのマイルG3では安定しており、一昨年2着、昨年は休み明けで4着、関屋記念も2度走って2着、3着など好走例が多い。7歳になった今年も東京新聞杯で最速上がりをマークして5着、前走の関屋記念はロングスパートレースを3着と衰え知らず。間隔を上げても走れるタイプで、ポリトラックで併せた追い切りの内容は近走でも一番いい。
相手は、瞬発力豊富な人気どころのリルダヴァルダノンヨーヨーをマークしつつ、穴では1年ぶりになるが瞬発力には長けているブレイクランアウトと、瞬発戦のシンザン記念を圧勝しているガルボを狙ってみる。
 ◎リザーブカード
 ○ダノンヨーヨー
 ▲リルダヴァル
 △ブレイクランアウト、ガルボ、スピリタス、セイクリッドバレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です