菊花賞回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

61.0-64.5-60.6=3.06.1
予想通り、コスモラピュタがハナへ。中盤では13秒台を連発しているにも関わらず大逃げの形に。残り800mからスパートしてここからは平均ラップを刻みます。通常の菊花賞なら坂のあたりから競馬がかなり動くのですが、今年は差が縮まらない。この時点でコスモラピュタの逃げ切りもあるかと思いました。
今年は中盤で後続が脚を溜めることになったため、2番手以降は残り800mからのヨーイドンになりました。例年と違うのは余力を残してのヨーイドンなので、前が簡単にバテないところ。スタミナ色の強い例年の菊花賞よりも中距離指向が強かった印象。ラップだけ見ると平坦戦だったけど、ほとんどの馬が34秒台の上がりをマークしているところを見ると、2番手以降は実質瞬発戦だったように思える。
個人的には、◎トウカイメロディの吉田隼人が予想よりも後ろで競馬した上に、ポジションの押し上げが遅かったことと○シルクオールディーが思いっきり出遅れたことが大誤算。どっちかが早めに前を捕まえてスタミナ勝負になるという仮定だったんだけどなぁ・・・。1~3着無印で完敗です。
ビッグウィーク 1着
小倉でロングスパートのレースを経験しており、今回も2番手グループから早めに動いてうまく直線抜け出したことが幸い。菊花賞馬になったが、中盤でうまく脚をためてスパートできたことがよかった印象で、本質的には中距離馬だろう。バゴ産駒はオウケンサクラもそうだが、前々で競馬させると渋太い。この馬は母父サンデーで瞬発力もそれなりになるので、中距離戦線では面白い馬になりそう。
ローズキングダム 2着
こちらもレースが動くのが遅くてある程度脚を溜めることができたのが幸いした。本質的には中距離馬だろう。母と一緒でG1だとなかなか勝ち切れないタイプなのは薔薇一族の宿命か。今後は古馬との対戦だが、瞬発力勝負になれば互角に戦えるだろうが、底力を求められる展開は未知。2400mあたりで底力を求められるレース(例えばJC)では疑ってかかってみたいところ。
ビートブラック 3着
3番手グループ追走の位置取りが幸いしたか。この馬はもっと泥んこにならないと瞬発力が足りないという見立てだったが。。トニービンやブライアンズタイムといったスタミナ豊富な血統を持っているので、瞬発力がついてくれば今後の長距離戦線でも楽しみな馬。
レーヴドリアン △4着
ある程度前につけたが、内枠が災いして下り坂でうまく押し上げれず。結局本格的に追い始めたのは直線で、エンジンがかかったところでゴールを迎えてしまった。京都の下り坂をうまく生かせなかった印象で、もう少し馬群がばらける展開にならないと厳しい。
トウカイメロディ ◎6着
昨年2着の吉田隼が色気を持って大事に乗りすぎたか。血統的にも瞬発力勝負に持って行ってはダメで、天皇賞のマイネルキッツのように早めに動く競馬をしないと厳しいだろう。血統面からスタミナの裏付けはあるので、ジョッキーがいかに瞬発力勝負を回避する
かが課題になりそうだ。
シルクオールディー ○15着
スタートで最後方。現状瞬発力は不足しており、道中でローズキングダムより後ろの競馬になり、瞬発力を求められてはお話にならない。

1件の返信

  1. galahad より:

    いつもお世話様です(と言ってもブログはおはつなのですが)。でも、実は本当にこちらの出馬表の提供には助かっています。ありがとうございます。
    今回は、お礼だけの書き込みです。予想、ブログ、出馬表作成と大変でしょうが、頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です