東京新聞杯展望

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

【血統的傾向】
サンデーの独壇場。10年間で<3-4-3-21>と10頭が馬券圏内。母父サンデーは4頭。しかしながら、サンデー系の他の種牡馬は不振で、馬券になったのはフジキセキ産駒(06年フジサイレンス)の1頭だけ。
【レースの傾向】
ここ2年はローレルゲレイロが飛ばす流れで例年と傾向が違っていたが、基本的に瞬発力に特化したレースになりやすいレース。サンデーが好相性なのも納得。上がり3Fで最速をマークした馬が7年連続で連対中。過去2年を例外と考えて、その前の3年を並べてみると、以下のように全て前半3Fよりも後半3Fの方が速い。
07年
 34.8-23.5-34.4
06年
 35.7-23.4-34.6
05年
 35.9-23.9-33.9
【前哨戦】
主要どころのマイル前哨戦のラップは以下の通り。
富士S
 34.4-23.9-35.0
キャピタルS
 34.1-24.1-34.5
マイルCS
 34.8-23.9-34.5
京都金杯
 34.2-24.0-35.9
ニューイヤーS
 34.6-22.7-35.7
京都金杯やニューイヤーSは、前傾ラップになっているので直結しなさそう。レッドスパーダは鳴尾記念で切れ負けしているので、瞬発力勝負では割り引きたい。キャピタルSもオープン特別としては速い流れだったので、トライアンフマーチの過大評価は禁物か。2頭とも流れの速くなる安田記念の方が向いてそうなイメージ。すっかりメッキのはがれてきた印象の4歳勢だが、今回1, 2番人気になりそうな上記2頭は果たして??
【今年の狙い馬】
チョウカイファイト
サンデーが得意だったレースなら、サンデー系種牡馬の中でも瞬発力に優れているアグネスタキオン産駒の適性も高い。東京の後傾ラップを2連勝中なのも心強い。混戦メンバーで人気の盲点になることを期待する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です