AJCC回顧他

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

【AJCC】
更新した通りの馬券で馬連、ワイド的中。
昨年も初めて当たったレースはAJCCだったわけですが、今年も何とか初的中を果たすことができました。ずっと当たらなかったらどうしようかと・・・。それにしても、昨年も◎トウショウシロッコ○ネヴァブションで○▲◎の順で決まっているため、大儲けをしそこなっている。学習能力がないのかも・・・。今年は2着が人気薄で助かりました。
今年も例年のように、息の入りにくい厳しいレース。例年と違うのは、ラスト3F→2Fで11.9→11.2と0.7の加速があったこと。◎トウショウシロッコは、一瞬ネヴァブションに並びかけたが、最後でぐいっと離されてしまった。やはり基本的に瞬発力が足りないので、中山コース以外では基本的に割り引くべき。ネヴァブションは、典型的な叩き良化型で、有馬記念での惨敗は、状態面が今ひとつということが大きかったように思える。今年は順調にオールカマーあたりから使って叩き3走目で有馬記念なら面白い1頭になりそう。中山2200mはスタートから長いので好位を取りやすいが、中山2500mはスタートからコーナーが近いので、内枠を引くことも評価ポイントに追加しておきたい。
シャドウゲイト。叩き3走目の上積みが大きかったように思える。極端に瞬発力を求められないレースならまだまだやれる。ダイワワイルドボアよりも人気がなかったのは意外。
デルフォイ。中山金杯でも4着、2キロ増なのにちょっと人気しすぎた印象。2走ボケなのか、古馬G2では少々荷が重いのかは次走以降で判断したい。4歳牡馬は、すっかりメッキが剥がれてきた印象で、今後も古馬との混合戦で人気するのなら嫌う方向で。
キャプテントゥーレ。2200mは本質的に長い。瞬発力勝負になった方が得意なだけに、ロングスパートの中山2200mは向かない。ただ、瞬発戦が得意な割に、天皇賞のような一線級のメンバーになると切れ負けするキャラ。アドマイヤフジに近いイメージで、G1馬で人気するだけに今後も狙い所が難しい。
マイネルキッツ。展開的に恵まれた有馬記念でも1.2秒負けていたように、59キロで勝ちきるほど能力は抜けていない印象。今後もG1以外では斤量を背負うし、狙い所が難しくなりそう。
1,3,4着が昨年と同じという見事なリピーターレース。やはり中山の2200や2500というのは特殊な適性が要求されるので、血統や適性で予想する身としては予想しやすいレースですね。
【若駒S】
◎ヒルノダムールからの馬連でハズレ。
前半1000mが62.2とスロー。ファイブイーグルは、もう少し速いペースで逃げるこことを期待したんだけど、色気が出てしまったか。
ヒルノダムール。レースのラスト4Fが12.8→11.7→11.1→11.0と全て加速するラップで、すっと抜け出した脚はかなりのものを感じた。一瞬の脚があるので皐月賞で面白そうな馬。サンデー系で母系に重い欧州ノーザンダンサーというのは、皐月賞でトレンドの血統なだけに、順調なら本命を打ってみたい。
ルーラーシップ。できれば賞金を加算しかったはず。スローだったこともあるが、上がり33.6はこの時期ではなかなかのもので相手が悪かった印象。父キンカメなので、秋に本格化ということもないだろうし、トライアルなら十分馬券に絡んできそうだ。ただ、今回でディープ級でないことだけはわかった。

2件のフィードバック

  1. ruzeru より:

    おめでとうございます。
    順番はともあれ、印通りに来ると気持ちがいいもんですね。
    私も参考にさせてもらい、シャドウゲイトから行きました。ダイワが突っ込んできたらおもしろかったんですがね・・・
    来週から府中開催に変わりますね。
    弾み良くいけますね。

  2. るなぱーく より:

    >ruzeruさん
    ありがとうございます。
    少しはお役に立てたようなら嬉しいです。3連系までバッチリ取れているとなおいいんですけどね~。
    来週から府中、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です