【菊花賞】◎セイウンワンダー

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

リーチザクラウンが逃げる展開。1番人気の逃げ馬の一人旅を捕まえるためには、下り坂を利用したロングスパートが必須。おそらくはアントニオバローズやナカヤマフェスタあたりが早めに動く競馬で、残り800mぐらいからのロングスパート適性が求められる。
使える脚の短そうなアンライバルドとイコピコは軽視して、大荒れ期待で穴っぽいところを狙ってみたい。
セイウンワンダー
休み明けで明らかに太かった弥生賞と、不良馬場だったダービー以外は崩れておらず、今年の3歳の安定勢力。神戸新聞杯は休み明けで余裕残しの仕上げながら、正攻法の競馬で3着した。新潟のマイル勝ちがあったり、息の抜けなかった皐月賞でもしぶとく追い上げてきており、ロングスパート適性はありそうだ。血統的には母母父リアルシャダイであることもあり、折り合った前走の内容から3000mもこなせるとみた。
トライアンフマーチ
皐月賞2着馬がすっかり人気を落としてきた。ダービーは道悪、神戸新聞杯は久々での馬体減と敗因が説明できるだけに、「距離」を敗因と決めつけるのはどうだろう。母キョウエイマーチで距離が不安視されるのかもしれないが、角居厩舎はスプリンターやマイラーになるような馬の作り方をしない厩舎。スペシャルウィーク×ダンシングブレーヴ×ブレイヴェストローマン(ネヴァーベンド)の字面から見ると菊花賞馬になってもおかしくない血統。兄武豊がアドマイヤメインで大逃げをはなったレースを差し切ったのは弟。ソングオブウインドの再来に期待。
シェーンヴァルト
父は昨年の菊花賞勝ち馬を輩出。この馬は、母父も欧州系エリシオなので少々重苦しい血統ではあるが、厳しい流れの皐月賞、不良のダービーで4,6着とそこそこ好走しており、スタミナは豊富にありそうだ。前走は結果的に直線で前が完全に詰まって7着止まりだったが、直線の入り口では抜群の伸びを見せており、馬群の広がり安い京都外回りで巻き返しが期待できそうだ。京都外回りで実績のある馬が穴になっていることもあり、デイリー杯勝ちのこの馬にはファストタテヤマの再来を期待してみる。
 ◎セイウンワンダー
 ○トライアンフマーチ
 ▲シェーンヴァルト
 △リーチザクラウン
 △ヤマニンウイスカー
 △アントニオバローズ
 ×ナカヤマフェスタ、アンライバルド
馬券は◎○▲を絡めた3連複と◎○▲から薄目。気づけば皐月賞1~4着馬とダービー2~4着馬+ナカヤマフェスタという組み合わせだった。大穴期待は、血統的に菊花賞向きで、長距離でも実績のあるヤマニンウイスカー。京都3000mはペース配分が難しいので、関西のベテランジョッキー重視でいきたい。

1件の返信

  1. なんとっ! より:

    血統予想まんまの結果ぢゃないですか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です