【菊花賞】血統的注目馬

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

さて菊花賞。長距離になれば、血統派の出番です。
昨年は、フローテーションは血統的に向きそうだが、2000m以上の実績がないのでマイナスと思いっきり消して失敗。まあ、本命スマイルジャックでオウケン消しではどうしようもありませんが・・・
過去の傾向からは2200m以上の距離実績、またはクラシックでの好走歴が欲しいところ。例外は、昨年のフローテーションですが、この馬は京都外回りに実績がありました。ファストタテヤマなどの例もありますし、京都外回り好走馬は要注意です。
血統的に言うと
・父菊花賞馬、天皇賞馬(ダンスインザダーク、スペシャルウィーク)
・ネヴァーベンド系(ミルリーフ、リヴァーマン、ブレイヴェストローマン等)
・リアルシャダイの血
・ニジンスキー、リファール、サドラーなどの欧州系ノーザンダンサー
・菊花賞馬を出した父
あたりが注目です。
今年の注目馬を挙げてみます。
スリーロールス(ダンスインザダーク×ブライアンズタイム×ブレイヴェストローマン)
 伝説の新馬戦の4着馬。父と母父が共に菊花賞馬を出しているという、血統好きが真っ先に飛びつきそうな血統。さらに、菊花賞に強いネヴァーベンドの血も持つ。ネヴァーベンド系のブレイヴェストローマンは晩年は短距離ダートのイメージが強いが、オークス馬も2頭出しているし、母の父としてオペラシチー(菊3着)やトシザブイ(目黒記念)と言った長距離馬を輩出している。
 不安点は、自身の長距離実績がない点。勝ち鞍は全て1800mで母も府中牝馬Sで3着。2000mは2度走って2回とも5着。ただ、昨年のフローテーションと同じで京都外回りで2勝を挙げている点は強調できる。鞍上の浜中も京都外回りの長距離ではそれほど実績がないのは不安。前走の勝ち方が鮮やかすぎたので、ここは穴人気しそうな予感。あれだけ鮮やかに勝たれると、逆に1800mがベストではないかという疑惑も浮上。
セイウンワンダー(グラスワンダー×サンデー×リアルシャダイ)
 父グラスワンダーと2歳チャンプのイメージから距離不安説が常につきまとうが、神戸新聞杯は正攻法の競馬で3着し、距離がある程度こなせることを示した。母母父はさりげなくリアルシャダイで菊花賞でもやれそうだ。弥生賞から皐月賞で一変したように本質的には叩き良化型。明らかに太めの弥生賞と不良馬場のダービー以外は崩れていない。今回も距離不安で人気が落ちるようなら面白そう。
フォゲッタブル(ダンスインザダーク×トニービン)
 母はエアグルーヴだし、父ダンスならスタミナは申し分なさそうだ。2400mでの勝ち鞍もあるし、距離が伸びることはプラスに働きそう。血統の割にはここでも過剰人気することはなさそうだし、穴で狙ってみるのはよいかも。吉田隼人の京都外回り騎乗経験が極端に少ないのがマイナス。
ヤマニンウイスカー(マンハッタンカフェ×サドラー)
サンデー系だけだと軽すぎるので、母系で重い欧州系のサドラーズウェルズを持っていることは強調材料。2400mは勝ち鞍こそないが連対経験あり。春のトライアルの走りを見ると、一線級にはちょっと足りないイメージ。夏を越しての成長に期待したいところです。前走出遅れ惨敗から中1週で立て直せているかはポイント。あくまでヒモ候補。

1件の返信

  1. うへ より:

    今年の菊花賞は2006年の菊花賞と同じ展開になる!?
    1着????????
    2着リーチザクラウン
    3着ポルカマズルカ
    1着入線の馬とは・・・・・??
    http://an.to/guide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です