毎日王冠予想

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

逃げ馬不在でスローからの決め脚勝負濃厚。土曜の東京は500万の芝2000mで1分58秒2という驚異的なタイムが出ており、馬場の乾く日曜日は、かなりの瞬発力が要求されると言っていい。前半よりも後半のペースが速い「後傾ラップ」に強い馬を重視してみたい。
スーパーホーネット
非根幹距離に強く1400m<3-0-0-1>と1800m<2-0-0-1>。スローなら好位で競馬できる脚質の柔軟性があるのもプラス。カシオペアS、大阪城S、ポートアイランドSなど、後傾ラップの成績は抜群だ。内枠である程度の位置取りをキープできれば崩れないはず。
ウオッカ
瞬発力抜群に見えるが、スローな流れでは意外と取りこぼしの多い馬。内枠を引いたので鞍上が溜めすぎない限り馬券圏内には来ると思うが、初の57キロということもあり、過信は禁物か。安田記念は圧勝したが、その前に幾度と無く人気を裏切った「前科」があることを忘れてはいけない。
オースミグラスワン
新潟大賞典は上がり3F31.9という強烈な決め手を見せた。レース自体は後半1000mの方が3秒近く速い展開だったので、後傾ラップでも問題なさそう。ただ、脚質的に後ろからしか行けないようなので、開幕週の馬場で超スローになると脚を余す不安が少々あり▲に評価を落とした。
穴は昨年の鳴尾記念、今年の京都金杯、京都記念といった後傾ラップのレースで実績を挙げている馬を狙ってみたい。鳴尾記念で好位から抜け出して快勝したハイアーゲーム、好走した鳴尾記念、中山記念、京都記念がいずれも後傾ラップだったアドマイヤフジの2頭を穴で挙げておきたい。
 ◎スーパーホーネット
 ○ウオッカ
 ▲オースミグラスワン
 △ハイアーゲーム
 △アドマイヤフジ
 △カンパニー
 ×アグネストレジャー、リキッドノーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です