新潟記念回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今週は新潟記念・キーンランドC共に惨敗。
まあ、どちらもかなりの人気薄の激走があり、簡単には買えないレースでしたね。
新潟記念の方は、例年通りグレイソヴリン重視で行ったのですが、あまりにもグレイソヴリンにとらわれすぎたように思います。グレイソヴリンが来る馬場をもう少し広義に考えることができないと、血統で勝つのは難しいですね。今回の場合は、新潟開催後半の持続力が求められる馬場を想定して、そういった馬場に適性の高い血統を選ぶべき。グレイソヴリンはその一つなだけであって、サッカーボーイに代表されるディクタスの血統もその一つだと思われます。
マイネルキッツはあまりに人気していたので、◎を避けてしましましたが、母父サッカーボーイでレース適性の高かった馬。勝ち馬はサンデー×ディクタスのステイゴールド産駒で、3着馬も母父がトニービンのアドマイヤベガ産駒。血統的には、例年とそれほど変わりない傾向であったと言えそうです。
それでもアルコセニョーラは買えないかなぁ。まあ、2走前がそこそこ走っていて復調気配を見せていたと言えなくはないし、昨夏は新潟の2000mで2着と買い要素が全くないわけではないですが、やはり難しいです。まずは素直にマイネルキッツに◎を打てる予想をしたいところ。逃げ・先行馬の多数多い中で前走楽な展開だった先行馬を◎○にしているあたりも予想の論理展開がまずい。今週は2歳戦なので、馬券はほどほどにして、中山・阪神開催から巻き返していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です