【ローズS】◎ランペイア

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

今年から阪神の外回り1800mで行われるローズS
スタートからの直線が長い上に、トライアルレースということで、前半は落ち着く流れに
なる可能性が高い。そうなると長い直線を生かした決めて勝負になる確率が高そうだ。
好位から33秒台の脚が使えるダイワスカーレットが抜けている。
乗り込みが十分とはいえ、桜花賞以来の実戦は少し不安が残るものの、極端に
折り合いを欠くシーンがなければ上位進出の可能性は高そうだ。
ベッラレイアは、スローになった時の差し損ねだけが心配。
コンスタントに34秒前後の脚は使っているが、前にいるダイワも33秒台の脚を持って
いるだけに、ダイワがまともなら33秒前半の脚を使わないと届かない計算になる。
父ナリタトップロードも極端な上がり勝負ではツメの甘さを示していただけに
後ろから行き過ぎると差し損ねが心配。
穴は先行して切れる脚が使えそうな馬という観点で選んでみたい。
ランペイア
デビュー戦は素質馬ナタラージャの2着し、2戦目で未勝利を圧勝、フローラSでは
素質を買われて2番人気に推されていた馬。
春は使い詰めの影響か500万クラスを勝ちきれなかったが、放牧から
帰ってきて、2週連続で抜群の追い切りを披露した。
今週の追い切りではフサイチホウオーに先着し、好仕上がりをアピール。
同厩舎のダイワスカーレットが出走するレースに敢えて500万下のこの馬を
使ってくるあたり、厩舎のこの馬に掛ける期待の高さが伺える。
好位でアグネスタキオン産駒らしい決め手を生かすことができれば、人気馬に
割って入るだけの素質は十分に秘める。
危険な人気馬はピンクカメオ
瞬発力勝負が得意なタイプではなく、道悪などある程度馬場が悪化した上で
展開の助けが欲しいタイプ。開幕2週目で決め手を要求される阪神外回り
コースは基本的に合わないと見る。輸送競馬の成績もいまいちで。
 ◎ランペイア
 ○ダイワスカーレット
 ▲レインダンス
 △ベッラレイア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です