馬インフルエンザの影響はいかに

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

2歳戦はあんまりやる気がないので、今週の注目は札幌記念です。
馬インフルエンザの影響で2週間開催が伸びたことが影響しそう。
気になる情報も。
ZAKZAK追い切り情報より
フサイチパンドラ
中間に2回の熱発があり、うち1回は馬インフルエンザ感染によるもの。
通常なら出走すら危ぶまれるところだが、そこはタフネス牝馬。
何事もなかったかのように豪快な動きを見せつけた。
洋芝で上がりのかかる競馬は合うと思うのだが、今回はメンバーを見渡す限り逃げ馬不在。
昨年のような瞬発力勝負になると分が悪い。
前につければ一発の可能性があるが、最近は差しに回るケースが多く。
調教では何事もなかったように見えてもレースには影響大なんじゃないか。
サマー2000シリーズのチャンピオンを狙っているような馬は、札幌記念を目標に仕上げていたことは間違いなく、体調の維持が鍵になりそう。
サクラメガワンダーサンスポの記事によると、今回の騒動で札幌→函館→札幌という輸送を行うはめになったとのこと。陣営も認めるように輸送が得意な馬ではないので、影響がどれだけのものか心配である。
逆に2週の延期がプラスに働きそうなのはマツリダゴッホ
天皇賞は距離が敗因の可能性が高いので中距離で見直したいところ。
ただ、この馬も切れる脚がないので早めに動く競馬でどこまでやれるか。毎度人気しやすい傾向にある馬で、アンカツに乗り替わりなので、極端に人気になるようだったら疑ってかかるのも手か。
逃げ馬不在で展開も予想がつかない難しいレース。
週末までもうちょっと考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です