マーメイドS回顧

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

時間なくて予想載せられなかったですが、◎はマイネサマンサでした。
開幕週で他に逃げ馬もいない展開利+渋った馬場で連は確保できるかなと
思ったんですが、最後差されたのはやっぱり斤量でしょうか。
2,3着馬はヒモだったので、ソリッドプラチナムが突き抜けていなければ
悶絶していたことでしょう。
ステイゴールド産駒がこんなに早く重賞勝ち馬を出したのはびっくり。
いくら軽量でもこの時期の3歳はないやろうとあっさり消してしまいました。
秋華賞でもちょっぴり期待できそうなんでしょうか。
ヤマニンシュクルはもっとペースが上がらないとつらそうですね。
サッカーはあんまり興味ないけど、ワールドカップを見ていると日本と
他の有力国との力の差に愕然としてしまう。
やっぱりスピードとかテクニックとか全然違うなぁ・・・
アルゼンチンとなんて100回やっても一度も勝てなさそうだ。
宝塚記念のディープインパクトも他の馬が100回やっても勝てないぐらいの
圧勝を見せてくれるだろうか。

2件のフィードバック

  1. ニセ掃除係 より:

    >やっぱりスピードとかテクニックとか全然違うなぁ・・・
    むしろ相手ゴールの前に立った時の勝負度胸の差かと(笑)

  2. るなぱーく より:

    柳沢の談話に愕然としました(笑
    急にボールが来たので・・・
    http://www.chunichi.co.jp/06wsc/news/2006061990144723.shtml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です