【菊花賞】相手はアドマイヤフジ

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

全レース無料縦書き出馬表はこちら
菊花賞の出馬表はこちら.
菊花賞.
神戸新聞杯は元々菊と相性が悪い.
どちらかというと連対馬でなくて,そこで負けた馬が巻き返すケースが多い.
これは阪神2000と京都3000で適正が全く異なるからに他ならない.
ディープはそんな適正とかは関係なく,絶対的能力で勝てるだろう.
ディープに完敗した2,3着馬も人気しそうだが,こちらは菊への適正には
疑問が残る.2番手以降は横一線のため,適正の高い馬が上位に来そうだ.
◎ディープインパクト
○アドマイヤフジ
菊花賞は父が中距離馬でも母系がしっかりしていれば連対できる.
母アドマイヤラピスは長距離オープン2勝,ステイヤーズS2着のバリバリのステイヤー.
スタミナの裏付けはありそう.
デビューから掲示板を外していない安定した末脚があり,他の馬が距離不安が
ある分,この馬が上位にこれる可能性は高い.
前走は明らかに太め残りで少し人気が落ちたここが狙い目だ.
△マルブツライト
セントライト記念は脚を余した5着.
人気薄ながら北海道で1000万を勝ち上がってきており,ここも穴に期待.
△フサイチアウステル
この馬も母父にノーアテンションなどを出しているグリーンダンサーを配合し,
スタミナには問題がない.
切れないが長くいい脚を使えるタイプなので,京都の下り坂は向きそう.
△ピサノパテック
夏から一気に力をつけてきた.
母系に菊と相性のよいニジンスキーが入っているので,サンデー産駒の中では
適正がありそう.
ディープに早めにつぶされそうだが,鞍上岩田でどこまで見せ場を作れるか.
せっかくのG1だし一応予想もしたので,
馬連1点と◎-○の1-2着固定の3連単で3点.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です