スプリンターズSの穴馬2

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

オカルトで行くなら香港2頭のワンツー.
大相撲も日本人以外の2人の決着になったし,低レベルの短距離路線で有力馬がこぞって休み明けなら外国馬2頭で決まっても全く驚かない.
穴馬になりそうな馬も何頭か展望.
ケープオブグッドホープ
昨年3着.サイレントウィットネスにはことごとく負けており,少し格下の印象.
しかし,海外での経験が豊富で輸送慣れしているのはプラスだし,有力馬が不安をかかえている日本勢に比べると勢いが感じられる.
心配なのは7歳という年齢だが,セン馬は息の長い活躍をする馬が多いようなので,それほど気にしなくてもよいか.
極端な高速馬場になった場合,対応できるかは疑問が残る.
ギャラントアロー
リンドシェーバーといえば,休み明けが代名詞だったのだが,この馬は明らかに叩き良化タイプ.
今回は全くのノーマークで思い切った騎乗のできる横山典への乗り替わり.
坂がダメな印象があるが,中山コースはクリスタルC,NZTと大穴を空けており要注意.
外枠を引いてスムーズな競馬ができれば一変あるか?
タマモホットプレイ
展開次第の馬.今回は展開もはまりそうで一発あるか?
ただ,持ち時計はない馬で高速決着には不向き.
どちらかといえば,直線平坦コースを得意としているだけに今回は見送りか.
マルカキセキ
前走3着で大幅に人気は落ちるので狙いたくなるところ.
ただ,今回は相手が大幅に強化されており,連勝の勢いがあった前走で勝てなかったところを見ると,今回の巻き返しは考えづらい.
やはりこの馬も直線平坦の方がよさそう.
テイエムチュラサン
前走は51キロも味方したか.
これまでの戦績を見ると1200mのG1で連に絡むほどの器には思えない.
展開も厳しいので見送り.
予想を枠順を待って決めようかと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です