スプリンターズSの穴馬

ブログランキング参加中です。参考になった方は応援クリックをお願いします。

ここ数年の連対馬・中山実績などを見ているとある1頭の馬が浮かんできた.
最近の連対馬の血統を眺めてみると気になるのはダンチヒ系.
アグネスワールド,メジロダーリング,ビリーヴが2回.
極限のスピード対決になるとダンチヒ系のスピードが生きるのか.
今回父か母父にダンチヒの血を持つ馬はただ1頭.
シルキーラグーン
ブライアンズタイムよりも母父のデイジュールが出ているようで,
適正距離は1200mとなっている.
さらに中山芝1200で3勝.
2度オーシャンSを勝っていて,9番人気,5番人気と人気薄での連対だ.
ダイタクヤマトも超人気薄だったが,実は中山実績があった.
昨年は不良馬場ながら5着.デュランダルとは0.2秒差.
良馬場ならもっとやれても・・・
不安材料は鞍上.
G1で勝春は少々買いづらい.
人気もないし,気楽に乗ってくれることを祈るばかりだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です